借金にまつわる法律について

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金・ローンについての独り言 > 借金にまつわる法律について

借金にまつわる法律について

借金にまつわる法律は大きく二つに分けることができます。
金銭貸借等の契約に関する法律と借金整理に関する法律です。


一般的な借金についての契約や返済については民法で定められ、利息については利息制限法により上限金利が定められています。
消費者金融などの業者を規制する法律が貸金業法です。


クレジットカードなどは割賦販売法で販売業者業務等が規制されています。
また、借金整理に関する法律では破産法、特定調停法、民事再生法などがあります。


貸金業法では消費者金融などを規制しています。
もし業者が法律に違反する行為をした場合には、監督官庁に申し出て処罰が下ります。もちろん罰則も存在しています。
主な内容は改行規則、業務規則、行政の監督です。


まず、消費者金融などの貸金業を開業するためには、内閣総理大臣または都道府県知事に事前登録を行うことが必要です。そして3年ごとに登録の更新をしなくてはならず、無登録の場合は10年以下の懲役もしくは3000万円以下の罰金が下ります。
もちろん暴力団関係者など、一定の財産を有さないものは登録ができず誰でも簡単に貸金業を開業することは出来ないようになっています。


業務規則では、過剰な貸付の禁止、貸付条件の店内提示、誇大広告の規則など様々な規制がお子縄r手おり、悪質な業務ができないように取り決められています。
また、金融庁、財務局、都道府県担当課には監督権限が付与されており報告徴収、立ち入り検査などを行うことができます。


クレジットローンに関しては割賦販売法で規制されています。手数料についての規定はありませんが、利息制限法の制限利息を遵守するように指導が行われており、取立てに関しても貸金業法と同等の規制があります。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

思い切って相談してよかった。利用者アンケートより

 

 

 

 

 

 

 

まだ迷っていますか?それでいいと思います。とりあえず、あなたのご希望に合わせて下のボタンを押して次のステップに進みましょう。(私が運営する別サイトに移動します)

 

 

関連記事

  1. 住宅ローンを夫婦で借りるデメリット
  2. 個人間での借金でお金を貸す側が注意すべきこと
  3. 老後破産が問題になっている
  4. お金で幸せは買えるか?
  5. クレジットカードが借金苦の入り口になることが多い
  6. 【実例】こうやって借金は増えていく
  7. 【自己破産で借金を清算した例】クレジットカードからの多重債務
  8. 借金には利息が付くというあたりまえのこと
  9. 借金苦から脱出する鍵
  10. 神戸の弁護士が業務停止処分!債務整理手続きを4年も放置って・・・