消費者金融の上限金利が29.2%に戻るかも?

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 金利の話 > 消費者金融の上限金利が29.2%に戻るかも?

消費者金融の上限金利が29.2%に戻るかも?

現在自民党が検討しているのが貸金業法の金利規制緩和です。 健全経営だと国から認可された貸し金業者は金利が29.2%に 設定することができるよう、戻すことを検討しているそうです。

これによって銀行融資が受けにくい中小の零細企業が 消費者金融からお金を借りやすくすることが目的なんだそうです。

……つまり、グレーゾーンが再び登場するということですね。 出資法20%と利息制限法29.2%の金利は 利息制限法上違反だけれど刑事罰の対象にならない グレーゾーン金利と呼ばれていました。

これが出資法に基づいて違法なので、払いすぎた利息を 取り戻しましょうと過払い金返還請求が著しく増えました。 今後、また金利が戻ってしまえば、グレーゾーン金利が再び増えます。 消費者金融からお金が借りやすくなるのはメリットかもしれません。 しかし借りるほうからすれば、今までは最大で20%だったものが 29.2%になるかもしれないというのは困惑します。 今後、過払い金請求についても事情が大きく変わるかもしれませんので 今後もこの問題には注目していかないといけません。

もしかしたら、規制緩和が行われたということにより 一切の過払い金返還請求が認められなくなるかもしれません。 現在、過払い金が発生しているかも?と悩んでいる方は 早めに弁護士に相談して過払い金請求をしたほうが良いでしょう。 制度が変わってから、手続きをするとなると 弁護士さんの方でも忙しくなりますから、過払い金請求にも 時間がかかるなど、不便が多くなるでしょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

思い切って相談してよかった。利用者アンケートより

 

 

 

 

 

 

 

まだ迷っていますか?それでいいと思います。とりあえず、あなたのご希望に合わせて下のボタンを押して次のステップに進みましょう。(私が運営する別サイトに移動します)

 

 

関連記事

  1. 貸出金利についての利用者の認識
  2. クレジット購入の場合の遅延損害金
  3. 金利によるリスク回避
  4. クレジット契約の金利
  5. 年率36.5%の金利
  6. 年率1万%の金利
  7. 年率5000%の金利
  8. 年率1000%の金利
  9. トイチ金利
  10. 300万円借りたときの年率1%の差は