トイチ金利

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 金利の話 > トイチ金利

トイチ金利

ヤミ金融の金利と言えば、トイチが有名です。トイチとは、10日で1割の金利が発生するという金利のことです

そんな高い金利で借りる人なんていないと思う人もいるでしょうが、トイチで借りて返済を続けている人は少なくはありません。

10日で1割ということは、10日で元金の10%の金利支払わなければいけないということです。

つまり、1日1%になりますよね。トイチを年率に直すと、年率365%になります

利息制限法の上限金利が年率15%から20%になりますので、はるかにオーバーしていますよね。

50万円をトイチで借入れたとします。50万円の年率365%ですので、返済で元金を減らさなければ、年間で支払う金利は182万5000円になります。

50万円しか借りていないのに、1年で180万円以上も金利として支払わなければいけないのです

無論、これは違法金利になりますので、法律上は支払いを拒否することも可能です。ただ、拒否できる人なら、はじめからその金利では借りていないとも言えます。

ヤミ金融から借入れする人は、正規の貸金業者からも借入できなくなった貧困層です。

そうした貧困層にとって、年率365%という金利は数字以上に重い負担になることは明らかです。

そのため、ヤミ金融業者からトイチで借入すると、1年以内には返済ができなくなって身を滅ぼすことになるでしょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

思い切って相談してよかった。利用者アンケートより

 

 

 

 

 

 

 

まだ迷っていますか?それでいいと思います。とりあえず、あなたのご希望に合わせて下のボタンを押して次のステップに進みましょう。(私が運営する別サイトに移動します)

 

 

関連記事

  1. 消費者金融の上限金利が29.2%に戻るかも?
  2. 貸出金利についての利用者の認識
  3. クレジット購入の場合の遅延損害金
  4. 金利によるリスク回避
  5. クレジット契約の金利
  6. 年率36.5%の金利
  7. 年率1万%の金利
  8. 年率5000%の金利
  9. 年率1000%の金利
  10. 300万円借りたときの年率1%の差は