広告と違う話には注意

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 悪質業者 > 広告と違う話には注意

広告と違う話には注意

悪質業者は広告や看板に悪徳金融と書くことはありません。悪質業者が利益を上げるには、どれだけ多くのカモを招き入れるかにかかっています。

そのため、悪質業者は正規店よりもはるかに良い条件で広告を出します。超低金利や高額な融資枠、超長期払いなど、甘い言葉で誘いをかけてくるわけです。

そして、他よりも好条件でお金を借りれると思って実際に契約をしようとすると、広告にあった当初の条件では契約をしてくれないのです

「あなたの条件だと厳しいですね。実績をつけてもらえば当初の条件でいけますが、最初はこちらの条件でしか無理ですね」

と、そんなことを言ってきます。

これは悪質業者の常套手段であり、このように広告などの当初の借入条件とは違った契約を結ぼうとするところは、すべて悪失業者と考えて間違いないでしょう

悪質業者は非常に口が上手で、知らず知らずのうちに悪い条件で契約を進めてきますので、気をつけなくてはいけません。

悪質業者に騙される人は、決まってその口車に乗せられる人になります。警戒していてもつい騙されるぐらい相手は口が上手いのです。

しかし、広告などに書いてあった当初の条件から借入条件が変わるようであれば、相手がどれだけ信用できそうな業者でも、信じなければもう騙されることはないですよね。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

思い切って相談してよかった。利用者アンケートより

 

 

 

 

 

 

 

まだ迷っていますか?それでいいと思います。とりあえず、あなたのご希望に合わせて下のボタンを押して次のステップに進みましょう。(私が運営する別サイトに移動します)

 

 

関連記事

  1. 金利の先払いには注意
  2. 株式担保金融の悪質手口
  3. 悪質商法で荒稼ぎした不動産担保金融
  4. 金券屋
  5. 直接交渉で和解することも可能
  6. ヤミ金で人生が破滅することもある
  7. 連れまわされた人もいた
  8. 昔の貸金業者はヤミ金並みの取立だった
  9. ヤミ金融業者従業員に返済させた
  10. 貸金業者に電話させるヤミ金業者