個人再生

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 個人再生


個人再生

自動車や生命保険があるとき

個人再生を選択するケースで多いのは、自宅を手放したくないという理由以外では、他に手放したくない高額な財産があるときです。 高額な財産で多いのは、自動車と生命保険です。 自動車というのは、自…

東京方式

個人再生とは、一般債務の一部を裁判所の手続き後3年間弁済することで、残りの一般債務を免責にするという制度になります。 個人再生がまだなかった時代、これと同じようなことが、東京地方裁判所の破産…

浪費やギャンブルの借金は個人再生で

多額の借金を背負ってしまった原因の1つに、過度の浪費やギャンブルによる使い込みがあります。 世間での借金というと、この浪費とギャンブルによるものだというイメージが強いですが、実際にはそれほど…

保険や不動産会社で働く人なら個人再生

個人再生が利用されるケースとして、債務者が保険会社や不動産会社で働いているときというのがあります。 自己破産をすると、様々な制限を受けることになりますが、その中には資格の制限というものがあり…

債権者からも個人再生を申立てられる?

長期の延滞が続いたときや、今後の返済の目途が全く立たないときには、消費者金融などの督促担当者から、債権者による破産を申立てる、というようなことを言われることがあります。 これは返済努力をしな…

個人再生の失敗で行方不明になる人も

最短でも3年間は再生計画に従って弁済をしなければならない個人再生では、裁判所に再生手続の開始を申立てて認可されたとしても、100%それが実を結ぶわけではありません。 個人再生では、再生計画の…

個人再生が成功するかは弁済次第

個人再生では、裁判所での手続きが終了しても、その後最低でも3年間は弁済を続けていかなければいけません。 裁判所の手続きが終了すれば、借金がきれいさっぱりなくなる自己破産とは、同じ債務整理でも…

離婚で自己破産が多い

個人再生の最大の特徴は、住宅ローンが残っている自宅を維持しながら、大幅な債務の減額ができることです。 自己破産では、すべての借金を免除してもらえますが、その代わりに住宅や土地などの財産を所有…

ハードシップ免責

再生計画の認可決定後、再生債権者への弁済が始まりますが、その弁済を途中でできなくなった場合には、ハードシップ免責という救済制度が用意されています。 ハードシップ免責は正式名称ではなく通称にな…

再生計画の変更

再生計画の認可決定後、再生債権者への弁済を開始しますが、弁済期間は3年間を原則として、場合によっては5年間まで延長されています。 弁済期間が3年間や5年間というのは、想像しただけでも長いと思…

住宅ローンを延滞すると

住宅資金特別条項付きの個人再生を行った場合、再生手続開始の決定や延滞などで消失した住宅ローンの期限の利益が復活します。 再生計画の認可決定後、これまでと同じように住宅ローンの返済をしていくこ…

個人再生失敗で、自動的に自己破産?

民事再生法には、牽連破産という制度があります。この制度は、再生手続が何らかの理由によって取りやめになったときに、裁判所の職権で申立人の破産手続き開始の決定をすることができるというものです。 …

再生計画の取消し

個人再生では、裁判所で再生計画案が認可されると、その後は再生計画に従って弁済をしなくてはいけません。 この再生計画は再生債権者にも通達されますので、仮に再生計画通りの弁済をしなかった場合には…

個人再生では家族の協力が不可欠

個人再生は自己破産と違い、裁判所の手続きだけで終了になるものではありません。個人再生は裁判所での手続きを終えた後、決められた債務の弁済を続けていかなくてはいけません。 個人再生での弁済は通常…

教育費を見直す

再生計画案の作成を手伝う弁護士に言わせると、家計の支出で1番改めるべきなのは教育費だそうです。 少子化社会では、1人の子供にかけるお金が昔とは比べものにならないほど多くなっています。 お母…

団体信用生命保険を必ず確認する

民間の金融機関から住宅ローンを借りる場合には、必ず団体信用生命保険への加入が義務付けられます。 ただ、住宅金融公庫などの公的な金融機関から住宅ローンを借りる場合には、団体信用生命保険への加入…

保険の加入は検討すべき

個人再生を利用する人のほとんどは、消費者金融からお金を借りまくった多重債務者だと思います。多重債務者の多くは、借金を返すために新たな消費者金融からお金を借りるという、自転車操業をしていたと思い…

ボーナス払いは併用しない

個人再生で重要なのは、再生計画案だと思います。個人再生の場合には、裁判所での手続きをスムーズに遂行していくことが大切ではなく、再生計画認可後の弁済を計画通りに実行していくことが重要なのです。 …

家計の収支計画には予備費を

再生計画案を作成するにあたって、家計の収支計画を立てると思いますが、その際、支出項目に予備費を付け加えることが、かしこい方法だと思います。 実際、ある弁護士事務所でこの予備費を収支計画に加え…

個人再生ではライフプランニングが重要

個人再生を成功させるには、再生計画認可後の弁済をきちんと守らなくてはいけません。仮にこの再生計画に従った弁済ができなくなったときには、残念ながら自己破産しか選択肢がありません。 そのため、個…


 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より