ラビット

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > キャッシング会社紹介 > ラビット

ラビット

2009年8月26日現在のデータになります。

「会社概要」

商号:株式会社ラビット

所在地:(関東)東京都新宿区西新宿1丁目18番地6 山兼新宿ビル5階

登録:大阪府知事(2)第10737号、東京都知事(1)第28627号

「寸評」

関西を中心に営業している小規模な消費者金融になります。

貸出金利は年率25.55%になり、限度額は50万円、返済期間は最長でも1年となっています。

高金利での小額短期貸付の典型的なパターンです。金利が高いですが最長で12回払いまでとなりますので、一見計画的な返済ができそうな気がします。

しかし、そう見えるだけで、実際には枠内融資や再融資が実施されることが多いので、高金利で長期間の取引となるケースが多いです。

同社では自己破産者や債務整理中でも受け付け可能となっているように審査は柔軟で、審査基準もかなり緩いです。

ただ、同社でしか借りられない人はすでに返済能力が怪しく、基本的にはこれ以上の借入をしないほうが良い人ばかりになります。

お金を借りるなとは言いませんが、借りるにしても短期での借入を前提とすることが大切です。

また、長期の取引となった場合でも、過払い金返還請求をすれば払いすぎた金利は戻ってきますので、そういう意味では弁護士費用を除けば損ではないとも言えます。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. ユニーファイナンス
  2. ドリームユース
  3. オリコ
  4. ヒマワリコーポレーション
  5. JCB
  6. 日本クリエート
  7. ニッセンGEクレジット
  8. フレンドトラスト
  9. 北海道銀行
  10. いつも