多重債務を脱出した人の特徴

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金問題を今すぐスッキリさせる > 多重債務を脱出した人の特徴

多重債務を脱出した人の特徴

多重債務を脱出した人はたくさんいます。

一度失敗してしまっても、再起して今は借金とは無縁の生活を送っている。

そういう人は沢山います。

現在、払いきれない多重債務に悩んでいても脱出する方法はあります。

では、多重債務から脱出した人の特徴とは、どんなものなのでしょうか?

特徴1)打ち明ける勇気を持つ

自分ひとりで多重債務を抱え込んではいけません。

恥ずかしいことですから、なかなか他人には相談しにくいと思います。

でも周囲の人を信用して打ち明けることが、とても大事です。

現在の収入がどれだけあるのか、減らせない支出がどのくらいあるのか。

返済には幾ら返せるのか。

身内の意見は参考になることも多いです。

特徴2)他人に頼らない

特徴1と矛盾するようですが、他人を頼ってはいけません。

精神的な支えとして頼るのは良いです。

どんどん支えてもらい、叱咤激励してもらいましょう。

浪費しそうになったら叱ってもらい、甘えた気持ちが出たら叱ってもらいましょう。

しかし、お金の管理を全て任せて返済してもらったり

立て替えてもらうといった頼り方はいけません。

金銭感覚が狂っているから、多重債務に陥ってしまったのです。

この部分が矯正されないかぎり、借金はまた繰り返してしまいます。

辛くても、苦しくても自力で返済をすることが大事です。

他人に立て替えてもらって債務から開放されるのは甘えです。

それは決して自分のためになりません。

自分で学びなおすことで、借金体質を改善できるのです。

特徴3)借金解決のプロ(弁護士・司法書士)に相談する

まずプロに相談しましょう。

自分ひとりではなく、身内の人に一緒に話を聞いてもらいましょう。

消費者金融の場合、過払い金が発生している可能性もあります。

任意整理など債務整理をすれば返済がずっと楽になります。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より