借金が返済できなくなると誰にも相談できないまま闇金へ助けを求める。

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金を円満に解決する方法 > 借金が返済できなくなると誰にも相談できないまま闇金へ助けを求める。

借金が返済できなくなると誰にも相談できないまま闇金へ助けを求める。

闇金という泥沼にはまり骨までしゃぶり尽くされる


借金返済で悩んでいる人の多くは誰にも相談できないまま深みにはまって行きます。相談する相手がいないわけではなく、相談を切り出せないままにズルズルしてしまうのです。何とか自分だけで解決しようとアレコレ手を打つわけですが、あまり効果が出ずに返済しようとする努力に反して借金は雪だるま式に増えていきます。

 

多重債務に陥っている人ならわかると思いますが、ある程度お金を借りてしまうと追加で借りようと思っても貸してくれなくなります。これは金融機関があなたの借金について情報を共有していて、それをチェックしているからです。返済可能な金額を超過してまでお金を貸してくれるまともな金融機関はありません。何故なら回収不能になることが目に見えているからです。

 

そこで更なる泥沼にはまって行くのが闇金という存在です。闇金は法律で定められている金利を超えて利息を徴収することを目的としてお金を貸します。債務が超過しているとか関係なしにお金を貸してくれるので、借金で首が回らなくなってどこからもお金を借りれなくなった人には、まるで神様のような存在に見えるわけです。

 

しかし闇金から一度でもお金を借りてしまうと、自力でそこから抜け出すのは一般の金融機関からの多重債務よりも難しくなります。何故なら闇金はその存在そのものが違法であることを分かった上でお金を貸し付けているので、利息の徴収や返済に関する取り立ても当たり前のように違法行為をしてきます。

 

執拗な電話や自宅や会社まで押しかけてくるような取り立てなど当たり前です。闇金がよく使う言葉に「利息だけ入れてくれれば今回はそれでいい」というセリフです。貸したお金を返せないなら、利息だけ払ってよってことですがお金のない債務者にとってはありがたい言葉のように聞こえてしまいます。闇金にとって利息=貸したお金という考えが定着しているので、元金であろうが利息であろうが払わせればそれでいいのです。実際、利息だけといってもかなりの高金利、払うだけでも苦しいはずですが元金まで返済しなくてもよいという安心感が「ありがたい」などという的外れな感覚を生み出すのです。

 

闇金は元金を減らすよりも利息を絶え間なく払ってもらった方が嬉しいのです。だから、取り立てを厳しくして利息だけでも払わそうとします。本人は利息だけ払っているようでいて、いつの間にか元金を超えた額の利息を払う羽目になります。


 

闇金に手を出すと感覚がマヒしてしまい犯罪もいとわなくなる


闇金からお金を借りたり、闇金には手を出さなくても債務超過に陥ってしまうと借金するという感覚は完全にマヒしてしまいます。借金=悪い事と子供のころから少なからず教えられているので、そのことに関する抵抗は最初のうちはありますが、債務超過になっている状態では悪い事という認識すら完全に吹っ飛んでいます。

 

そうなると借金返済のためであれば、ちょっとした犯罪であっても何とも思わなくなります。万引き、窃盗、詐欺など徐々に犯罪の内容も悪質なものになっていきます。よくあるのが借金返済のために「会社のお金に手を付けた」「生徒から預かったお金に手を付けた」という犯罪です。目の前にお金があるという現実がこのような犯罪に走らせてしまうわけですが、世間的にみると「借金のせいで犯罪を犯した、借金そのものが悪い」というイメージが定着しているように思われます。

 

しかし実際に悪いのは借金ではなく、借金で首が回らなくなって犯罪に手を染めた本人です。借金で感覚がマヒすると、このような犯罪すらいとわなくなる傾向にあります。借金が返済できないだけなら、法的な救済処置を行使することで借金を減らしたりチャラにすることが出来ますが、犯罪に手を染めてしまうと法的に救われる可能性すら自ら放棄していることになります。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

思い切って相談してよかった。利用者アンケートより

 

 

 

 

 

 

 

まだ迷っていますか?それでいいと思います。とりあえず、あなたのご希望に合わせて下のボタンを押して次のステップに進みましょう。(私が運営する別サイトに移動します)

 

 

関連記事

  1. 債務整理の裏ワザはあくまでも合法的な手段である
  2. 法律を盾にして闇金と真っ向勝負した人はその後どうなるのか?
  3. 債務一本化に成功した人が債権者を納得させた方法とは?
  4. 債務超過になり、任意売却したが失敗してしまった人の実例
  5. 多重債務から自己破産する人の典型的パターン
  6. 借金は放置せず徹底的に整理すべし。借金の内容に負い目を感じる必要はない!
  7. 多重債務解消は原状回復と、その可能性を探ることが重要。あらゆる法的手段を駆使して再スタートしよう!
  8. 借金を返せなくなると信頼を失い、その結果、大切な人を失う
  9. 借金問題が長引くと家庭が崩壊し離婚危機が当たり前のように訪れる
  10. 一度、債務整理したのに、その後も借金を繰り返す最悪の事態を避けるには?