犯罪者を仕立ててる業界か?

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 消費者金融業界について > 犯罪者を仕立ててる業界か?

犯罪者を仕立ててる業界か?

昨今、重大な事件を起こす犯罪者には、必ずと言って良いほど消費者金融からの借入があります

マスコミは重大な事件を起こした犯罪者の動機を探るのが大切な仕事の1つですが、いかにも消費者金融業者からの借金が、その原因であるかのように報道するのは止めてもらいたいと思います

今のマスコミのそうした姿勢を見ていると、消費者金融業者が犯罪者を仕立てているみたいに思えます。しかし、現実はまったくの逆だと思います。

犯罪者は消費者金融での借金が苦になって犯罪に走るのではなく、消費者金融を騙して返す気のないお金を受け取り、それで生活しているというほうが正しいと思います。

そして、もうこれ以上消費者金融を騙してお金が引き出せないとなったときに、別の犯罪を起こして事件になるというパターンだと思います

つまり、消費者金融業者は思いっきり被害者であり、すでに何十万円、何百万円というお金を騙し取られているにもかかわらず、それを訴えでる方法がないだけなのです

これ以上被害がでないように気をつけると、犯罪者が他方に走ってやっと事件になるという状態なのです。

報道で犯罪者に消費者金融からの借金があると知ると、多くの人がまた借金絡みかと考えると思います。

でも、消費者金融に事件の責任を押し付けるのは間違いですし、むしろ犯罪者に貸したお金が戻ってこない消費者金融に、同情するべきことだと思います。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 消費の低迷は消費者金融が貸さなくなったから
  2. 事業の多角化を目指す
  3. 不況で消費者金融業界に打撃
  4. 他国の金利規制はどうか
  5. 単品サービスを提供する業界
  6. 消費者金融年表後期
  7. 消費者金融年表中期
  8. 消費者金融年表前期
  9. 貧困問題を解決するべき業界
  10. ムハマド・ユヌス氏