不況で消費者金融業界に打撃

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 消費者金融業界について > 不況で消費者金融業界に打撃

不況で消費者金融業界に打撃

不況に強い業界などと言われたのは過去の話で、今の消費者金融業界は不況の影響を1番受けていると言ってもおかしくありません

1番大きいのは雇用不安です。失業によって借金を返せない人が増加しています。借金を返せない人も痛いでしょうが、それ以上に痛いのが消費者金融業者です。

貸したお金が戻ってこないのですから、利益はマイナスなります。銀行で言えば、融資先の中小企業が次々と倒産していくようなものですよね。

しかも、銀行は担保をとって営業していますが、消費者金融業者は無担保無保証が基本です。痛さの度合いが違います。

さらに、不況の影響で過払い金返還請求をする人が一気に増えたようです

消費者金融業者との契約を大切にしたいという気持ちがあっても、経済的に苦しくなれば過払いをと考えるのは普通ですよね。

消費者金融業界は金利の引き下げや貸付規制、雇用不安によって貸出が抑えられ、さらに回収においては返済できない人が急増し、挙句の果てには過払い金請求ということです

不景気で借金を返せなくなり、多重債務に陥ってしまったという人が、自分の苦労話をマスコミを通じてしているのをよく見ます。

そうした人が借金を返せば良いですが、返せなければ損をしたのは消費者金融業者になるのです。消費者金融業者がかわいそうだと思う人がいないことが、1番かわいそうですね。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 消費の低迷は消費者金融が貸さなくなったから
  2. 事業の多角化を目指す
  3. 他国の金利規制はどうか
  4. 犯罪者を仕立ててる業界か?
  5. 単品サービスを提供する業界
  6. 消費者金融年表後期
  7. 消費者金融年表中期
  8. 消費者金融年表前期
  9. 貧困問題を解決するべき業界
  10. ムハマド・ユヌス氏