今は過払い金で返済する時代

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 任意整理 > 今は過払い金で返済する時代

今は過払い金で返済する時代

近年の任意整理は、過払い金によって借金を解決することだと言っても良いと思います。

任意整理を依頼された弁護士や司法書士も、依頼者に過払い金があれば任意整理で、なければ自己破産や個人再生を勧めるという状況です

過払い金の返還がまだ一般的ではなかった時代には、任意整理することが難しい人が多く、任意整理を希望しても自己破産や個人再生に流れていくことが多かったと思います。

しかし、今は過払い金の返還が一般的になりましたので、多くの多重債務者が自己破産や個人再生を回避できる時代になったと思います

また、今までの任意整理では、依頼者である債務者が弁護士にしっかりと報酬の支払いをししないことも多く、任意整理をしたくないと思う弁護士も多かったと思います。

ところが、今では任意整理は弁護士や司法書士にとって人気の案件となっています。過払い金があれば、それを弁護士報酬に充てることができるからです。

これまで、債権者への支払いや弁護士への支払いは、お金のない債務者が担ってきました。でも、今は債務者ではなく貸金業者が過払い金を支払うことで担っていると言っても良いと思います。

ただ、貸金業者が支払う過払い金は、もともとは債務者のお金になりますので、実際には債務者がお金を払っていることには変わりありません。

現在、大手の消費者金融業者は銀行と提携し、中堅の消費者金融業者は縮小や廃業のタイミングをはかり、中小の消費者金融業者は廃業もしくはヤミ金融業者への転業が相次いでいます

消費者金融業者に廃業されると、過払い金の返還を受けられなくなりますので、近い将来に任意整理をする可能性があるというのなら、早目に任意整理を実行しておくことをお勧めします。

ただ、借入してまだ間もないという人は、過払い金が発生していませんので、特に焦って任意整理をする必要はないと思います。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 今後は減額されなくなる
  2. 永遠に終わらないこともある
  3. 弁護士受任で返済はストップされるが
  4. 任意整理から自己破産へのケース
  5. 任意整理から個人再生へのケース
  6. 任意整理か特定調停か
  7. 会社の任意整理
  8. 任意整理する人は多い
  9. 借金癖を治すのは任意整理
  10. 任意整理か個人再生か