弁護士に頼むと借入不能になる

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 任意整理 > 弁護士に頼むと借入不能になる

弁護士に頼むと借入不能になる

任意整理を弁護士や司法書士に依頼すると、数年間は貸金業者からお金を借りることができなくなると思います

自己破産者にお金を貸す貸金業者も多いですが、任意整理を弁護士や司法書士に依頼した人にはお金を貸さないのが普通です

任意整理を弁護士や司法書士に依頼すると、その対象となった貸金業者はそのことを加盟している個人信用情報機関に報告することになっています。

そのため、債務者が借入をしようと貸金業者に申込しても、その貸金業者が個人信用情報機関に加盟しているなら、貸付審査が通ることはないと思います。

それに、任意整理をしているのに、もしくは任意整理をしたのに、またお金を借りようというのはいいただけませんよね。

任意整理によって借金をすべて完済したというのなら話はまだわかりますが、まだ完済していないというのなら、新たに借入することで返済計画が狂ってしまい、任意整理が無駄になってしまうこともあるでしょう

これまで貸金業者を利用してお金を動かしてきた人は、貸金業者を利用できなくなることに不安を感じるようですが、それは病気だったと割り切ることが大切だと思います。

ただ、債務者が任意整理をして迷惑を受けるのは貸金業者です。その貸金業者が貸してくれるというのなら、借りてみても良いのかもしれません。

結局のところ、債務者はお金を借りて損することはなく、何かあって損をするのは貸金業者になるからです。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 今後は減額されなくなる
  2. 永遠に終わらないこともある
  3. 弁護士受任で返済はストップされるが
  4. 任意整理から自己破産へのケース
  5. 任意整理から個人再生へのケース
  6. 任意整理か特定調停か
  7. 会社の任意整理
  8. 任意整理する人は多い
  9. 借金癖を治すのは任意整理
  10. 任意整理か個人再生か