任意整理か自己破産か

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 任意整理 > 任意整理か自己破産か

任意整理か自己破産か

任意整理と自己破産は紙一重です。任意整理も可能だし、自己破産も可能という債務者も多いと思いますどちらを選択するかは、債務者の考え方と相談した弁護士や司法書士の考え方によると思います

ただ、個人的には自己破産をしても良いときというのは、何か不幸な事故が起こって、まったく返済の目途が立たないときだけだと思います。

毎月収入があるのなら、任意整理が不可能ということはないはずです。生きていくのもやっとというのなら厳しいですが、少しでも返済に充てるお金が作れるなら任意整理は可能です。

過払い金の返還が認められた現在では、長い間借金を支払ってきた人達は自己破産を回避することができます。

今自己破産をする人は、お金を借りて返済をほとんどしていない人になります。つまり、長い間借金で苦しんだ人ではないということです。

そうした人が安易に自己破産をしても、けっしてその人のためにはならないと思います。しばらくすると、また借金を繰返すことも多いでしょう。

任意整理で苦労して完済すれば、もう借金に手を出すことはないと思います。人間苦労しないとわからないことは多いですよね。

自己破産は国が作った制度になりますが、制度があるから有効活用するのではなく、あくまでも最終的な逃げ道としてとっておくことが望ましいと思います

最後の砦である自己破産をするときは、もう後がないという気持ちで行うようにしなければいけません。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 今後は減額されなくなる
  2. 永遠に終わらないこともある
  3. 弁護士受任で返済はストップされるが
  4. 任意整理から自己破産へのケース
  5. 任意整理から個人再生へのケース
  6. 任意整理か特定調停か
  7. 会社の任意整理
  8. 任意整理する人は多い
  9. 借金癖を治すのは任意整理
  10. 任意整理か個人再生か