利息制限法への引き直しを求める

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 保証人制度 > 利息制限法への引き直しを求める

利息制限法への引き直しを求める

昨今、過払い金返還請求という言葉をよく聞きます。

過払い金返還請求とは、利息制限法を超えた金利で営業していることの多かった消費者金融業者に、差額分の金利を返してもらうというものです。

利息制限法では、10万円未満なら年率20%、10万円以上100万円未満なら年率18%、100万円以上なら年率15%を貸金業者の貸出金利の上限として定めています

これを超えた金利については、債務者が貸金業者に申し出れば返還または今ある元金に充当してくれるはずです。

このことは保証人でも同じで、利息制限法を超えた金利で貸し付けられた保証債務については、貸金業者に対して利息制限法への引き直しを求めるようにしましょう

もちろん、当初の約束通りに返済をしたいというのなら、別に利息制限法への引き直しを求める必要はありません。

利息制限法への引き直しについては、多重債務者を救うための特別な措置という感がありますので、約定の金利を支払うのが筋というものです。

ただ、保証人の場合には、保証人を引き受けた経緯を考慮する必要があり、仕方なく保証人になる人も多いでしょう。

それなら、少しでも返済額を減らすのは別に悪いことではないはずですね。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 保証人による過払い金返還請求
  2. 身元保証は相続されない
  3. 保証人は請求されてもすぐには支払わない
  4. 脅されて保証人になった場合
  5. 保証人をやめたいとき
  6. 主債務者と債権者が任意和解したとき
  7. 親は子供の保証人ではない
  8. 支払いは追認したことになる
  9. 立会人と保証人
  10. 公正証書での保証契約