保証人をやめたいとき

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 保証人制度 > 保証人をやめたいとき

保証人をやめたいとき

保証人になった人が、保証人をやめたくなったときには、どうすれば良いでしょうか?

主債務者に相談して承諾してもらえば、保証契約を解除することができると考えている人がいるようですが、これは間違いです

保証契約は、保証人になった人と債権者である金融機関が交わした契約になります。主債務をもとにした契約だからといって、主債務者がどうこうできることではないのです。

保証人をやめたいときには、金融機関にそのことを申し出る必要があるでしょう

ただ、金融機関は保証人がいるからこそ主債務者に融資していたわけなので、簡単にはОKしてくれないのが普通です

保証契約を解除したいなら、別の保証人を用意するか、もしくは担保に何かを差し出すぐらいしなければ、金融機関には認めてもらえないかもしれません。

しかし、勤めていた会社が倒産し、支払い能力が極端に落ちてしまったという事情があるときなどでは、金融機関は比較的簡単にОKしてくれることもあります。

もちろん、主債務者の経済力や実績なども考慮されますので、保証人だけの問題ではないことも忘れてはいけません。

保証人にはその保証した債務を返済できるだけの資力あることが求められます。

もし、保証人が何らかの事情で支払い能力が低下したときには、速やかに金融機関に契約解除の申し出をするのが賢いやり方でしょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 保証人による過払い金返還請求
  2. 利息制限法への引き直しを求める
  3. 身元保証は相続されない
  4. 保証人は請求されてもすぐには支払わない
  5. 脅されて保証人になった場合
  6. 主債務者と債権者が任意和解したとき
  7. 親は子供の保証人ではない
  8. 支払いは追認したことになる
  9. 立会人と保証人
  10. 公正証書での保証契約