保証人による過払い金返還請求

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 保証人制度 > 保証人による過払い金返還請求

保証人による過払い金返還請求

保証人による過払い金返還請求が認められるかは、ケースバイケースになります。

一般的に、保証人自身が支払いをした分の過払い金については、過払い金の返還が認められています

一方、主債務者が支払いをした分の過払い金については、保証人が過払い金の返還を受けることはできないとするのが一般的です

100万円の借入をして、主債務者が返済を続けて残額が20万円になったとき、これを利息制限法に引き直すと30万円の過払い金が発生したとします。

この場合には、返済をした主債務者には過払い金を受け取る権利がありますが、保証人にはないことになります。

過払い金とは、払い過ぎたお金を返してもらうという意味になりますので、主債務者が払い過ぎたのであれば、その過払い金は主債務者のものだということです

つまり、お金を払い過ぎた人が過払い金の返還を受けることができるということですね。

ただ、保証人が連帯保証人という場合で、主債務者と連帯保証人がごちゃ混ぜに返済をしていたときには、どちらのお金が払い過ぎになったのかは判別ができません。

このケースでは、返済した割合を算出して過払い金をその割合に応じて分けるという方法が考えられます。

しかし、主債務者の承諾なく保証人だけで過払い金返還請求をすると、貸金業者から激しく反発されて裁判になることは確実でしょう。

後は裁判所での判断になりますが、これもケースバイケースで判断されるので、何とも言えません。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 利息制限法への引き直しを求める
  2. 身元保証は相続されない
  3. 保証人は請求されてもすぐには支払わない
  4. 脅されて保証人になった場合
  5. 保証人をやめたいとき
  6. 主債務者と債権者が任意和解したとき
  7. 親は子供の保証人ではない
  8. 支払いは追認したことになる
  9. 立会人と保証人
  10. 公正証書での保証契約