これ以上の迷惑をかけないために自己破産する

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 自己破産 > これ以上の迷惑をかけないために自己破産する

これ以上の迷惑をかけないために自己破産する

消費者金融業者の管理担当者に言わせれば、1番迷惑なのは自己破産をしないのに支払いをしない債務者です

自己破産を申立てれば、もう支払いができませんと言っているのですから、債権者としてはもう請求する必要がありません。

でも、自己破産をしないということは、まだ支払いができないとは決め付けることができなくなってしまいます。

債務者が支払いができるかどうかは債権者にはわかりません。債務者が自己破産を申立ててはじめて支払不能であることがわかるのです。

債務者が支払い不能を宣言しない限りは、債権者は永遠に請求を続けなくてはいけません

常識的には請求してももう返済しないだろうなと思っても、仕事で手を抜くことはできなせんので、消費者金融業者の管理担当者は督促を続けます。

そして、電話でも通知でもお金はかかりますし、何よりも手間です。支払いできない相手に督促を続けることほど無駄なことはありません。

実際に管理担当者であった私がそう言うのですから、そのままですよね。

債務者が自己破産をすれば、もう無駄な督促をしないで済みます。その分を他の支払いしそうな人への督促に充てることができるというものです。

自己破産に踏み切れないでいる人は、自己破産が債権者のためにもなるということを踏まえて、もう一度考えてみてください。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 貸金業者にとっての自己破産
  2. 自己破産はモラルの問題ではない
  3. 景気の後退で再び自己破産者が増える
  4. 夜逃げするなら自己破産
  5. 自己破産すると脅す債務者
  6. 苦労してきた人は自己破産できない?
  7. 安易に自己破産する人達
  8. 結婚する前に自己破産しておく
  9. 利息の返済しかできないなら
  10. 申立費用がないと言って諦めない