利息の返済しかできないなら

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 自己破産 > 利息の返済しかできないなら

利息の返済しかできないなら

自己破産を決意するタイミングというのは、人によってはとても難しいかもしれません。人間頑張ろうと思えばどれだけでも頑張れますので、どれだけ借金があろうとも気持ちさえ強く持っていれば案外しのげるものです。

ただ、頑張っているうちは良いのですが、それが無理をしているに変わると、お金の面以外にも悪影響を及ぼしてくることになります。

自分では無理をしているのか頑張っているのかはなかなかわかりませんので、自己破産に踏み切るタイミングというのは難しいですよね。

しかし、絶対に自己破産したほうが良いという状況もあります。いろいろな借金苦の状況があると思いますが、利息の返済しかできないという状況なら、それは早急に自己破産したほうが良いと思います

貸金業者からの借入れ件数や借入れ金額が増えてくると、やがて返済に窮するようになります。でも、ほとんどの貸金業者では、利息さえ払っていればそれほど文句を言われないと思います。

そのため、多重債務者の中には、利息だけの支払いを続けている人がいます。利息だけの支払いなら返済額は少なくて済みますので、毎月の返済は楽になります。

ただ、利息だけの支払いでは、借金の元金が減っていきませんので、借金を返していることにはなりません

利息の支払いだけをして、返済していると勘違いする人もいますが、それは返済ではなくただの利息の支払いで、借金の返済をしていることにはなっていません。

利息の支払いだけしてその場をしのいでいる人は、借金の返済ができない支払い不能の人になりますので、自己破産をしたほうが良いと思います。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 貸金業者にとっての自己破産
  2. これ以上の迷惑をかけないために自己破産する
  3. 自己破産はモラルの問題ではない
  4. 景気の後退で再び自己破産者が増える
  5. 夜逃げするなら自己破産
  6. 自己破産すると脅す債務者
  7. 苦労してきた人は自己破産できない?
  8. 安易に自己破産する人達
  9. 結婚する前に自己破産しておく
  10. 申立費用がないと言って諦めない