これからの借入は過払い金が発生しない

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 過払い金 > これからの借入は過払い金が発生しない

これからの借入は過払い金が発生しない

改正貸金業法によって貸出金利が引き下げられると、その後借入れた分については過払い金は発生しません。

過払い金の発生は、法定金利よりも貸金業者が実際に貸し出している約定金利のほうが高いために発生します

そのため、貸金業者が法定金利内で営業するようになると、もう過払い金は発生しないということです

貸金業者は過払い金の返還で頭を悩ませている現状がありますので、金利の引き下げが必ずしも悪いことだらけではないと言えます。

貸金業者の金利が下がったと喜んでいる人が多いですが、別に金利が下がらなくても過払い金の返還請求によって、いつでも余計な金利分は返してもらえます。

結局、グレーゾーン金利があっても過払い金として返還されますので、過去も将来も金利は同じだということです。

逆に、これからは過払い金の発生が見込めないということで、起死回生の策がなくなったとも言えます。

今までは貸金業者が余分に支払った分を管理してくれていたのが、これからは自分で管理しなければいけないことになります

すでに過払い金返還請求が法律で認められていることを考えると、実は利用者側には金利引き下げはプラスになるとは言えないのです。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. みなし弁済に関する最高裁判決
  2. 過払い金の時効に決着
  3. 貸金業者の帳簿保管義務
  4. 数字で見る請求元
  5. 激震、クレディアの破綻
  6. 今後は残高なしの人が主流になる
  7. 7回目の全国一斉提訴
  8. 高止まり傾向
  9. 沖縄の過払い金返還一斉訴訟
  10. 保証人でも過払い金返還請求をできる?