今後は残高なしの人が主流になる

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 過払い金 > 今後は残高なしの人が主流になる

今後は残高なしの人が主流になる

過払い金の返還請求をした人の請求時点での状態を、日本貸金業協会が先日調査しました。

それによると、債務の支払いが滞っている延滞中の人が45%、取引中で支払いも正常の人が33%、そしてすでに約定で完済して借金残高がない人が22%となっています。

過払い金の返還請求をする人の約半数が、支払いが滞っている人ということです。つまり、借金の返済ができず、債務整理をする中で過払い金を発見し、それを請求して他の債務の返済に充てるということです。

実際に、私が消費者金融業者に勤めていたときも、このケースが1番多かったと思います。

次の支払いが正常な人についても、基本的には債務整理をして過払い金を発見するという、延滞中の人と同じパターンになると思います

返済ができなくなる前に債務整理をする人も多いので当然ですよね。

最後のすでに約定で完済している人からの過払い金の返還請求は、全体の2割強とまだそれほど多くはないように思えますが、実はこれから1番増えるだろうと言われているのが、このケースなのです

潜在的な人口で言えば、すでに約定で完済している人が断トツで多くなります。利息制限法の上限金利を超えた金利でお金を借りて約定で完済すれば、100%過払い金が発生するからです。

これまではほとんどの消費者金融業者が利息制限法の上限金利を超えた金利で営業してきましたので、消費者金融を利用してすでに完済したという人なら、ほぼ確実に過払い金の返還請求ができることになります

今後は、すでに約定で完済して残高がないという人からの過払い金返還請求が、確実に増えることになると言われています。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. みなし弁済に関する最高裁判決
  2. これからの借入は過払い金が発生しない
  3. 過払い金の時効に決着
  4. 貸金業者の帳簿保管義務
  5. 数字で見る請求元
  6. 激震、クレディアの破綻
  7. 7回目の全国一斉提訴
  8. 高止まり傾向
  9. 沖縄の過払い金返還一斉訴訟
  10. 保証人でも過払い金返還請求をできる?