クレジット契約の金利

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 金利の話 > クレジット契約の金利

クレジット契約の金利

クレジットカードによるショッピングでは、1回払いについては手数料はありません。

2回払いについてもほとんどのカードでは手数料が無料となっていますので、実際には2回払いまでは手数料がかからないと言っても良いでしょう。

その後、分割払いになると手数料がその回数に応じて定められ、年率に換算すると10%から13%程度になります

自分の支払い能力を超えた物でも購入することができる分割払いを利用する人は結構います。

本来ならお金が足りなくて買えないような高額品でも、分割で買えるというのは魅力的です。

しかし、その物を手に入れられることが嬉しくて、つい手数料がかかることを忘れがちになりますので、気をつけたほうが良いでしょう。

また、リボルビング払いになると、手数料は年率換算で12%から15%程度になります

そして、クレジットカードのキャッシングの金利は、年率15%から20%程度になります。

消費者金融から借入れたときの金利が年率15%から20%程度になりますので、キャッシングについては同程度の金利ということです。

クレジットカードの金利や手数料は決して低くはありませんので、利用時には注意が必要です。

ただ、1枚のクレジットカードをどんな使い方をしたとしても、それで破綻するようなことは普通ありません。

複数枚のクレジットカードを所有したり、消費者金融から借入したりして、初めて破綻する危険が出てきます。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 消費者金融の上限金利が29.2%に戻るかも?
  2. 貸出金利についての利用者の認識
  3. クレジット購入の場合の遅延損害金
  4. 金利によるリスク回避
  5. 年率36.5%の金利
  6. 年率1万%の金利
  7. 年率5000%の金利
  8. 年率1000%の金利
  9. トイチ金利
  10. 300万円借りたときの年率1%の差は