自助努力を促す制度

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 個人再生 > 自助努力を促す制度

自助努力を促す制度

個人再生は大幅に債務の軽減ができる制度になりますが、自己破産と違って自助努力を促す制度となっています。

自己破産では、裁判所の手続きですべてが終わり、弁護士に依頼している場合には、ただ待っていれば借金がきれいになくなっている制度になります。

一方の個人再生では、弁護士に依頼したとしても、弁護士が仕事をしてくれるのは裁判所での手続き終了までです

その後、再生計画に従って弁済をしていくのは、すべて本人の責任によって実行しなければいけません

個人再生での弁済は、最低でも3年間あります。3年間きっちりと弁済をして、それで初めて残りの債務が免除してもらえるというのが、個人再生になるのです。

3年間というのは、普通に考えれば長いですよね。これまで借金の返済に遅れたことはないというような人は問題ないと思いますが、何度も延滞を続けていた人は要注意だと思います。

また、個人再生を利用する人で多いのは、借金を長年支払ってきた人ではなく、返済歴が1年未満の人です

たかだか1年の返済もできずに債務整理をした人が、3年もの長期間きっちりと返済していくには、それ相当の決意と努力が不可欠だと思います

そういった決意と努力をする自信がないという人は、自己破産をしたほうが身のためだと思います。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 個人再生準備中に債権執行されることも
  2. 失業中だが個人再生は可能か?
  3. 約定の借金の5分の1ではありません
  4. 消極的同意要件
  5. 個人再生では準備が大切
  6. 分割予納金制度
  7. 民事再生と個人再生の比較
  8. 見栄で個人再生を選んではいけない
  9. 企業の破産は混乱を招く
  10. 通常の民事再生とは