状況を変えなければ一生借金苦なのです(1)

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金苦で生活できないと思ったら > 状況を変えなければ一生借金苦なのです(1)

状況を変えなければ一生借金苦なのです(1)

kazoku住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、クレジットカード。この世の中には様々なお金を借りる手段(=ローン)があります。

こうした現代の消費社会では、一度も借金をせずに生涯を全うするというのは非常に難しいことです。

たとえば住宅ローンですが、一戸建てのマイホームを取得する金額が3500万円だとしたら、これを全て現金で賄おうとすると

一般的なサラリーマンの年収では退職まで待って退職金も含む預貯金で購入しなければいけません。

問題は借金をしないことではなく、借金の返済額が収入の中で賄えるかどうかです。

借金には利息があるため、借りた額より返す額のほうが多くなります。

返済がストップすれば、利息が利息を生んで、いずれ支払いができなくなるほど増えてしまいます。

特に消費者金融では利息が高いため、借金は驚くくらいのスピードで雪だるま式に膨れ上がってしまうのです。

では、借金の返済が苦しくなってしまったら、どうしたらよいのか?

借金は病気と一緒です。

できるだけ早く、治療=債務整理をするのが一番の方法です。

何とかなる、大丈夫、返済できる・・・あなたのこの思い込みに根拠はあるのでしょうか?

どれだけ自分が頑張ってもこの日本の経済状況で急激に収入が上がるということは考えられません。

そうすると、利息が利息が産む多重債務状態に陥るのもいずれです。

私は借金に苦しむ人をたくさん見てきました。彼らはなぜ誰の助けも借りずになぜそんなに頑張り続けるのか理解が出来ません。

耐え忍ぶことは日本人の美徳といわれていますが、借金に関してはこれは当てはまりません。

債務整理は法律にのっとった手続きです。決して恥ずべきものではありませんし、ズルいやり方でもありません。

債務整理をすれば、法に則って収入に応じた額まで(あなたが生活可能な程度まで)返済額を減らすことができるのです。

あなたは法律に守られて心穏やかに生活することができるのです。

きっと、朝起きたときの心のモヤモヤも吹き飛んで、毎日のゴハンが美味しく感じられることでしょう。

借金を整理し、生活を立て直す第一歩を踏み出す勇気をあなたに持っていただきたいと願います。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 自力での借金問題解決は難しい【相談する勇気】(8)
  2. 債務整理したら家族・会社・保証人はどうなるの?(7)
  3. 悪質な借金の取立ては違法行為です!【警察に通報する?】(6)
  4. 債務整理で起こる問題【あなたの心配事は何ですか?】(5)
  5. 借金の状況によって債務整理の方法は様々【あなたに最適な方法は?】(4)
  6. あなたの借金の金利は何%ですか?グレーゾーン金利とは(3)
  7. 借金の返済が困難になったときにどうする?(2)