債務整理したいのですが取引履歴の開示を拒否されたらどうなるの?

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金問題Q&A > 債務整理したいのですが取引履歴の開示を拒否されたらどうなるの?

債務整理したいのですが取引履歴の開示を拒否されたらどうなるの?

債務整理には「取引履歴の開示」を貸金業者に請求します。
これは今までの取引を詳細に知るために必要な手続きです。

貸金業者にはこの取引履歴を開示する義務があります。
個人で請求する場合には、あれこれ理由をつけて渋られることも多いのですが
司法書士や弁護士に依頼をした場合
実際にほとんどの業者は取引履歴を請求されれば開示に応じるようになりました。

しかしそれでも何度開示請求をしても応じない悪徳な業者は存在します。
この場合には行政指導を求める、訴訟を起こすなどの対応をする必要があります。

さらに拒否される場合は手元の資料を参考にして現在の状況を推定したり
初回の残高を「0円」とすて計算する方法などがあります。
取引履歴の開示を拒否されたからといって
任意整理できないわけではありませんので安心してください。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 強制執行されると給与を差し押さえられちゃうの?
  2. 担保が設定された不動産は売却できないの?
  3. 自己破産では生命保険の解約が必要って本当?
  4. 債務整理をすることで家族に迷惑はかからないの?
  5. 自己破産をすると旅行や引越しが出来なくなるって本当?
  6. 借金問題は誰に相談したらいいの?
  7. 債務整理が大家にばれると賃貸住宅を追い出される?
  8. 債務整理後に返済を滞納したらどうなる?
  9. 借金返済ができなくなると家財道具がいきなり差し押さえられるって本当なの?
  10. 失踪した家族の借金の返済義務ってあるの?