担保が設定された不動産は売却できないの?

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金問題Q&A > 担保が設定された不動産は売却できないの?

担保が設定された不動産は売却できないの?

担保が設定された不動産は、抵当権者の同意があれば売却できます。
不動産を競売にかけることなく、所有者・債権者・買主が納得する金額で
担保付の不動産を売却することを「任意売却」といいます。

不動産の売却を実際に行うさいは、不動産業者に仲介を依頼します。
個人で行うのではなく、専門家に方法と手続きを任せるのが一般的です。

ただし、コンサルとを称し不当な金額で売却しようとしたり
利益をむさぼろうとする悪徳業者も数は少なくありません。

事前に任意売却についてよく勉強して手続きについて覚えておくと良いでしょう。
また、金融機関の担当者と頻繁に連絡を取り合いスムーズに売却が進められるよう
注意が必要です。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 強制執行されると給与を差し押さえられちゃうの?
  2. 債務整理したいのですが取引履歴の開示を拒否されたらどうなるの?
  3. 自己破産では生命保険の解約が必要って本当?
  4. 債務整理をすることで家族に迷惑はかからないの?
  5. 自己破産をすると旅行や引越しが出来なくなるって本当?
  6. 借金問題は誰に相談したらいいの?
  7. 債務整理が大家にばれると賃貸住宅を追い出される?
  8. 債務整理後に返済を滞納したらどうなる?
  9. 借金返済ができなくなると家財道具がいきなり差し押さえられるって本当なの?
  10. 失踪した家族の借金の返済義務ってあるの?