神戸の弁護士が業務停止処分!債務整理手続きを4年も放置って・・・

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金・ローンについての独り言 > 神戸の弁護士が業務停止処分!債務整理手続きを4年も放置って・・・

神戸の弁護士が業務停止処分!債務整理手続きを4年も放置って・・・

債務整理手続きの依頼を受けたものの4年半放置したとして2014年3月10日に神戸の弁護士が業務停止処分を受けました。このように弁護士と一口に言っても、全ての弁護士が信頼できるわけではありません。債務整理はその後の人生を大きく左右するものです。

どんな整理方法をとるのか。

マイホームは残せるのか。

過払い金を取り戻すことはできるのか。

債務整理がスムーズに行けば、ブラックリストには数年事故歴が載るかもしれませんが、その後再起することは可能です。改めてマイホームを取得したり、起業をすることもできます。

債務整理が長引けば、それだけ再起するまでに時間がかかることになります。更に、自分の状況に合わない債務整理をすれば借金返済がスムーズに行かない可能性もでてきます。せっかく債務整理をしたのに、結局自己破産になってしまうというケースも少なくないのです。

ですから、債務整理は信頼できる弁護士にお願いしなくてはいけません。どうやって信頼できる弁護士を探すのか?知り合いに債務整理をしたことがある人がいるのであれば紹介してもらうのも良いでしょう。

知り合いの弁護士がいるのであれば、信頼できて債務整理に強い弁護士を紹介してもらうのも良い手です。ツテが全くない場合には、ネットで口コミ評判を検索してみてください。口コミ評判を見て良さそうなところを見つけたらあとは自分の目で確かめましょう。

人間として信頼できない相手は、まず弁護士としても信用ができません。

人として好印象を抱けるか、こうした基本的なことがもっとも重要なのです。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金問題で警察を動かす方法。ここまでやらないと警察は動いてくれません。
  2. 住宅ローンを夫婦で借りるデメリット
  3. 個人間での借金でお金を貸す側が注意すべきこと
  4. 老後破産が問題になっている
  5. お金で幸せは買えるか?
  6. 借金にまつわる法律について
  7. クレジットカードが借金苦の入り口になることが多い
  8. 【実例】こうやって借金は増えていく
  9. 【自己破産で借金を清算した例】クレジットカードからの多重債務
  10. 借金には利息が付くというあたりまえのこと