クレジットカードが借金苦の入り口になることが多い

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金・ローンについての独り言 > クレジットカードが借金苦の入り口になることが多い

クレジットカードが借金苦の入り口になることが多い

クレジットカードで借金一般的に借金というと、住宅ローンなど銀行から融資を受けるものと消費者金融などから借りるローンを想像しがちです。しかし一口に借金と言っても種類は数多くあります。

たとえば、多くの人が当たり前のように利用しているクレジットカード。

これも借金の一種です。

買い物に利用していなくても、光熱費の引き落としに利用していれば借金になります。

また電気代や水道代も支払いが遅れて滞納すれば借金になります。

消費者金融、いわゆるサラ金は貸金業法で様々な規制が行われた結果多額の過払い金請求が行われ、倒産や合併が相次ぎました。

その後釜のように伸びているのが、クレジット、カードローンです。

消費者金融の利用者数が減っても、借金自体は減っていないのです。それどころか全体的に収入が減少し、個人の負債額は増えているのは確実です。

借金が怖いところは、利息が付くところです。

たとえば遅延損害金と言って、返済が送れれば送れるほど返済額は大きくなります。かといって、無理に返済しようとすれば、どこからかお金を借りなくてはいけません。

つまり、既にある借金を返済するために借金をするという多重債務に至ります。

多くの場合、初めての借金は緊張するものです。これくらいの額なら返せるだろうという額を借りるのです。

しかしその借金が返せてしまうと、一気に借金のハードルが下がってしまいます。

これくらいなら借りてもすぐに返せると気持ちが大きくなります。そして額が大きくなり、返済に困るようになります。

そして返済のために借金を重ねてしまうのです。

クレジットカードは現代を生きる私たちには必要不可欠です。持っていること自体がある種の保証になることもあるからです。

普段はクレジットカードの使用も特に気にしない人が多いでしょう。だからこそ、収入と支出、そして借金を管理することが大切なのです。

日頃からお金の流れを意識しておくだけで、人生は大きく変わるでしょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金問題で警察を動かす方法。ここまでやらないと警察は動いてくれません。
  2. 住宅ローンを夫婦で借りるデメリット
  3. 個人間での借金でお金を貸す側が注意すべきこと
  4. 老後破産が問題になっている
  5. お金で幸せは買えるか?
  6. 借金にまつわる法律について
  7. 【実例】こうやって借金は増えていく
  8. 【自己破産で借金を清算した例】クレジットカードからの多重債務
  9. 借金には利息が付くというあたりまえのこと
  10. 借金苦から脱出する鍵