キャッシングとカードローンの違い

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金・ローンについての独り言 > キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンの違い

今まで借金をしたことがない人に多いのですが

キャッシングとカードローンの違いを理解していない人が多いです。

キャッシングはATMからお金を引き出すという意味です。

翌日に一括で返済するのが一般的ですが

リボ払いが利用できることもあります。

基本的にクレジットカードを使ってお金を借りる方法です。

キャッシングは利息制限法を越える金利が適用されている場合があり

任意整理すると払いすぎた文の利息を減額することができます。

カードローンは消費者金融や銀行やカードローンを言います。

収入などによって決められた限度額までATMからお金を借りることができます。

返済は分割払いが一般的です。

銀行からお金を借りられない人やクレジットカードが作れない人でも

利用することができるとして人気です。

近年は利用がとても便利になっており、コンビニATMなどから24時間返済が出来たり

申し込みから最短即日で融資が受けられる、金利もそこそこ低いと利用しやすいです。

ただし、あまりにも気軽に、そして便利に利用できてしまうため

ついつい借りすぎてしまう危険性があります。

「なんだ、こんな簡単なんだ」という認識が生まれてしまうのです。

そのため借金に対するハードルが下がってしまいがちです。

どんなに簡単に借りれたとしても借金は借金です。

借りすぎてしまえば、いずれ返済に苦しむことになり多重債務への道を歩んでしまいます。

簡単に借りれるからと言って、安易に借りるのではなく

本当に必要なお金なのか、お金を借りずに何とかする方法はないのかなど

冷静に考える必要があります。

お金を借りるというは、最終手段として考えなければいけません。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金問題で警察を動かす方法。ここまでやらないと警察は動いてくれません。
  2. 住宅ローンを夫婦で借りるデメリット
  3. 個人間での借金でお金を貸す側が注意すべきこと
  4. 老後破産が問題になっている
  5. お金で幸せは買えるか?
  6. 借金にまつわる法律について
  7. クレジットカードが借金苦の入り口になることが多い
  8. 【実例】こうやって借金は増えていく
  9. 【自己破産で借金を清算した例】クレジットカードからの多重債務
  10. 借金には利息が付くというあたりまえのこと