債務整理に悩んだらどうしたらいい?

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金・ローンについての独り言 > 債務整理に悩んだらどうしたらいい?

債務整理に悩んだらどうしたらいい?

借金問題に悩んで自己破産や任意整理などを考えたとき

色々種類が多すぎて何を選択したらいいか分からなくなってしまいます。

法律用語は難しいことも多く、間違った知識のまま

債務整理を進めてしまうと、のちのち弊害が出てくる可能性があります。

そこで何を選択したらいいのか迷った場合には

債務整理を専門にしている弁護士に相談するのが良いでしょう。

たとえば、自己破産をすると家を手放さなければいけなくなります。

借金の返済義務は借りた本人にしかありませんが

結果として家族を巻き込んでしまうことになります。

また、連帯保証人に請求が行ってしまうためその人も自己破産しなければいけなくなるなど

様々な人に迷惑が掛かってしまうのです。

債務整理に強い弁護士なら、あなたにとって最も良い選択を

専門家の見地から選んでくれるでしょう。

良くアドバイスを聞いた上で、本当に最適な方法で

債務を整理してください。

また、弁護士に相談するときには、必ず債務整理に強い弁護士かどうかを確かめましょう。

弁護士と一口に言っても、企業トラブルに強い弁護士や刑事事件に強い弁護士。

離婚問題に強い弁護士など得意不得意があります。

債務整理に強い弁護士でないと、間違った選択を選んでしまう可能性がありますし

手続きがスムーズに進まないことがあります。

債務整理に強い弁護士に依頼をすれば半年も経たずに

債務を整理することができるでしょう。

もし、自分で探せない場合には法テラスなどで無料相談をし

地元の債務整理に強い弁護士を紹介してもらうこともできます。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金問題で警察を動かす方法。ここまでやらないと警察は動いてくれません。
  2. 住宅ローンを夫婦で借りるデメリット
  3. 個人間での借金でお金を貸す側が注意すべきこと
  4. 老後破産が問題になっている
  5. お金で幸せは買えるか?
  6. 借金にまつわる法律について
  7. クレジットカードが借金苦の入り口になることが多い
  8. 【実例】こうやって借金は増えていく
  9. 【自己破産で借金を清算した例】クレジットカードからの多重債務
  10. 借金には利息が付くというあたりまえのこと