自分を知らないから借金を重ねてしまうんです

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 借金・ローンについての独り言 > 自分を知らないから借金を重ねてしまうんです

自分を知らないから借金を重ねてしまうんです

人間にとって、本当に欲しいというものは数多くありません。

そして、どうしても、本当に、心の底から欲しいと渇望するものなのであれば

他人から見て価値がなかろうが、日々の暮らしに不要なものであろうが

特別高価な物であろうが、迷わず購入すべきです。

迷って迷って、迷った末に購入するというのは

迷って迷って、迷った末に諦めるのよりもずっと容易です。

そして、たった一つ、本当に欲しいもののために

多重債務者になってしまうということはありえません。

なぜなら、本当に欲しいものはそう簡単に次から次に現れるものではないからです。

むしろ、多重債務者の多くの方は、本当には欲しくないもののために

借金を重ねてしまっています。

馬券、パチンコ、アクセサリー、ブランドのバッグ、キャバクラ通い。

お酒、タバコ、外食。

それらはあなたの人生にとって、なくてはならない、かけがえのない存在なのでしょうか?

何か満たされないものの、代償行為として、惰性で行っていることではなのでしょうか?

最初はストレス発散に少しだけやってみたものが、習慣化してしまった。

周囲に見栄を張りたい、自分を大きく見せたいと思っての行動ではないでしょうか?

面倒臭いからと生活が乱れてしまったのではないでしょうか?

これらは自分を知らないから起こってしまうことです。

自分を知れば、本当に必要なものが見えてくるはずです。

ある程度の年齢になれば、多くの人は自分にとって本当に必要なものが

分かるようになってきます。

その見詰め合う期間をおろそかにした結果と言えるでしょう。

欲しくもない、必要もないもののために、自分を追いつめるのは終わりにしましょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 借金問題で警察を動かす方法。ここまでやらないと警察は動いてくれません。
  2. 住宅ローンを夫婦で借りるデメリット
  3. 個人間での借金でお金を貸す側が注意すべきこと
  4. 老後破産が問題になっている
  5. お金で幸せは買えるか?
  6. 借金にまつわる法律について
  7. クレジットカードが借金苦の入り口になることが多い
  8. 【実例】こうやって借金は増えていく
  9. 【自己破産で借金を清算した例】クレジットカードからの多重債務
  10. 借金には利息が付くというあたりまえのこと