延滞を理由に違法な担保を渡さない

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 延滞について > 延滞を理由に違法な担保を渡さない

延滞を理由に違法な担保を渡さない

貸金業者の中には、違法な取立をしているところがあります。年々違法な取立は減少していますが、まったくなくなったわけではありませんので注意が必要です。

特に、長期延滞しているような債務者は支払いができないという負い目があり、貸金業者の言いなりになってしまうケースが目立ちます

貸金業者が延滞を理由にして、クレジットカードや年金手帳、キャッシュカード、免許証などを担保として要求してきても、絶対にそれに応じてはいけません

クレジットカードやキャッシュカードなどを延滞しているからと担保にとることは、もちろん貸金業規制法で禁止されています。

もともと信用で貸付しているのに、延滞したからといって担保をとるのは違法ですよね

もしそのような担保を要求された場合には毅然とした態度で断り、速やかにその事実を金融庁に報告し、場合によっては弁護士に相談するようにしましょう。

延滞すると債務者の立場はさらに弱くなりますのが、おかしいと思うことには従わないようにします。

貸金業者は強い立場を利用して、ときに違法な手段で債権の回収を図ることがあります。債務者は無知だから、バレないだろうというのです。

貸金業者の言うことはすべて正しいとは思わないように、きちんと知識をつけて対応するようにしましょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 消費者金融の利用者の5人に1人が延滞
  2. 借り換えは延滞する前にする
  3. 返済金の猶予措置
  4. リストラでピンチのときの延滞回避法
  5. 社員が延滞したと請求されたら
  6. 生活保護の受給は延滞の理由にはならない
  7. 白紙委任状と印鑑証明書の要求には応じない
  8. 悪質な取立の損害賠償が認められる例
  9. 返済計画を立てなければ延滞する
  10. 利息制限法に引き直してみたら延滞ではなかった