借り換えは延滞する前にする

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 延滞について > 借り換えは延滞する前にする

借り換えは延滞する前にする

借金の解決方法としては自己破産や個人再生などの債務整理が一般的ですが、低利の借金に借り換えをするという手段もあります。

消費者金融などの金利の高いところから借入していれば、返済が苦しいのは当然です。

銀行などの低金利のローンに借り換えすれば、毎月の返済金額が少なくなり、さらに最終的に支払う金利も安くなります。

借り換えにて借金を解決すれば、債務整理のように信用事故とはなりませんので、そうしたことを気にする人にはお勧めです。

ただ、借り換えをする場合には、延滞する前にしなければなりません

延滞をしている状態では、どこの金融機関でも借り換えローンの審査が通らないからです。

金融機関の立場になって考えればわかると思いますが、支払いが滞っている人にお金を貸すはずはないですよね。

また、延滞は借り換え申込時にしていなければ大丈夫です。過去に延滞をしていても、そこまでは調べることができないので安心してください。

しかし、長期延滞となって、「延滞」の信用事故が信用情報機関に登録されてしまった後では、もう借り換えを諦めなくてはいけません

信用事故情報は2年から3年程度では残ります。延滞でも長期延滞は避けましょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 消費者金融の利用者の5人に1人が延滞
  2. 返済金の猶予措置
  3. リストラでピンチのときの延滞回避法
  4. 社員が延滞したと請求されたら
  5. 生活保護の受給は延滞の理由にはならない
  6. 延滞を理由に違法な担保を渡さない
  7. 白紙委任状と印鑑証明書の要求には応じない
  8. 悪質な取立の損害賠償が認められる例
  9. 返済計画を立てなければ延滞する
  10. 利息制限法に引き直してみたら延滞ではなかった