消費者金融業界について

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 消費者金融業界について


消費者金融業界について

利益重視で拡大

現代は、10人に1人が消費者金融を利用したことがあるという時代です。もともと、団地金融という言わば地域密着型で営業をしていた消費者金融が、なぜここまで大きくなってこれたのでしょうか。 そこに…

誕生の意義

高度経済成長期に消費者金融業界の最前線で活躍していた人が口を揃えて言うことは、消費者金融が誕生した意義は、資金需給を満たす手段において、時間的な選択肢が用意されたことだそうです。 消費者金融…

年利109.5%でも人気な時代

高度経済成長を支えるサラリーマンが、どこからも小口で短期のお金を借りられなかった時代にあって、消費者金融が生まれたのは時代のニーズにピタリとあったからだと思います。 消費者金融では、簡単な審…

団地金融

初期の消費者金融業は、団地金融とも言われていました。厳密に言えば、消費者金融の中で、団地金融という手法を用いている業者がいた、ということになるかと思います。 消費者金融が発案されたのは、日本…

サラリーマンの増加が業界を作った

消費者金融が誕生したのは、戦後から始まった高度経済成長期です。この時代の日本は、今では考えられないほど劇的な変化の中でみんなが生活していました。 物価は急上昇し、給与も急激に上がっていったこ…

消費者金融の前身は質屋

1960年ごろから始まった高度経済成長期に、消費者金融業は誕生したと言われています。消費者金融業と言うと、お金を貸すところになりますので、銀行に近い業務形態だと思います。 企業や個人事業者に…

過去と現在の違い

高度成長期に誕生した消費者金融業は、その後の時代の流れに合わせて姿形を変えてきたと思います。 誕生したばかりの消費者金融業は、今のように無人契約機もなければ、銀行振り込みといった貸付や返済の…

どの時代でも求められる業界

日本は戦後、著しい高度成長を遂げた時代がありました。消費者金融業はこの高度成長期に生まれたビジネスモデルになります。 高度成長期では、働けば働くほど右肩上がりで給与が増えて行きます。給与所得…

消費者金融業は善か悪か

日本では、消費者金融業と聞いて良いイメージを持つ人はあまりいないと思います。娘が連れてきた婚約者の職業が消費者金融業というだけで、父はその結婚を認めなかったという話を聞いたことがあります。 …


 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より