消費者金融業界について

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 消費者金融業界について


消費者金融業界について

専業界だけでは無理

法律による規制や現在の経済環境の中、消費者金融業者は消費者金融という枠に留まっていては、恐らく生き残ることはできないと思います。 この意見は私個人というよりも、多くの経済学者や消費者金融の関…

悪いのはすべて消費者金融?

消費者金融はバブル崩壊後、お金を借りなければ生活できない、お金を借りなければ営業ができない人達の受け皿になったと思います。 お金が必要な人のところにはお金が回らないというのは常のことで、誰か…

中小零細企業の受け皿

日本政府の金融政策の不手際により、消費者金融が中小零細企業の受け皿になったという意見があります。 小泉政権による構造改革では、内需がまったく伸びなかったと言われています。 超低金利政策によ…

貧困層の受け皿

消費者金融業者は、かつては公務員や大企業の社員のみにお金を貸していました。いわゆる裕福層を主なターゲットとして営業してきた業界です。 その後、消費者金融業界はさらに顧客を広げるために、平均的…

責任を負わされた業界

2006年12月、多重債務者の救済を目的とした貸金業法の改正は、消費者金融業界にとっては衝撃的なものでした。 このままでは生き残れない。消費者金融業を営む経営者らのほとんどが、そう感じたと思…

ミナミの帝王に憧れる社員もいる

消費者金融が巨大産業にまで発展し、そこで働く人はとても多くなりました。 彼氏や彼女が消費者金融で業者で働いているという人や、友達が消費者金融業者で働いているという人、父親が消費者金融業者で働…

広告禁止用語

規制だらけの消費者金融業界は、広告にも厳しい規制が敷かれています。消費者金融業者が広告禁止用語とされているものについて、ここでは見ていきたいと思います。 通常利息、納得のいく利息、低利で融資…

膨大な広告宣伝費

消費者金融業者は、その辺を歩いている人にお金を借りませんかと聞くわけにはいきません。広告で自社を宣伝し、後はひたすら新規申込を待つという営業スタイルになります。 1度でも顧客になった人に対し…

業界の縮小が経済に波及する

消費者金融業界が大幅に縮小することは、すでに確定事項とも言われています。 収益となる貸出金利を引き下げられ、顧客数を増やそうにも総量規制でブロックされ、さらに今まで儲けた分を過払い金として返…

4重苦に直面する業界

消費者金融業界が現在直面している問題は、貸出金利の引下げ、過払い金の返還請求、総量規制、資金提供者の不在の4つです。 この4重苦に苦しむ消費者金融業界が、これらの苦難を乗り越えていくのか、ま…

低下する新規契約率

大手の消費者金融業者を中心に貸出金利を引き下げる動きが続いていますが、その貸出金利の引き下げにともなって、各消費者金融業者では貸付審査を厳しくしています。 もともと、日本では自己破産や個人再…

借金苦による自殺の責任は?

借金苦による自殺とは、大きなカテゴリーで言えば生活苦による自殺の中に含まれると思います。生活苦の人がみんな借金苦かどうかわからりませんが、世間の見方としては生活苦と借金苦は同一視されています。…

銀行主導の業界再編

貸出上限金利の引き下げや貸付の総量規制といった貸金業に関する法律が改正され、今後段階的にそれらの改正法が施行されていきます。 専門家の中では、消費者金融業者のほとんどが廃業に追い込まれ、残る…

過剰融資はなぜなくならないのか

貸金業界が抱える大きな問題の1つに、過剰融資問題があります。世間一般の見方としては、これだけ多くの破産者や借金苦による自殺者を出した原因は、貸金業者による過剰融資の性だとなっています。 貸金…

むじんくんの成功

いまでこそ、お金を借りるのに自動契約機は常識となっていますが、昔は一般消費者の中に自動契約機という概念がなく、自動契約機を設置してもそれを利用する人はほとんどいませんでした。 自動契約機はむ…

女性社員は続かない

消費者金融業界には、多くの女性が働いています。その数は、男性よりも多いかもしれません。 消費者金融というのは、普通にしていればイメージのとても悪い業界だと思います。そのため、各消費者金融業者…

総量規制

平成18年の貸金業法の改正の目玉は、何と言っても貸出金利の引き下げと総量規制になると思います。 消費者金融業界の外では、貸出金利についていろいろな議論がされて注目されていますが、消費者金融業…

本には書いてあるのは間違い

大きな書店に行くと、債務整理や借金、消費者金融の解説本が数多く棚に並んでいるのを良く目にします。 今は過払い金返還請求の解説本が活況で、この手の本がずらりと広いスペースに並べられているという…

不景気に強い業界?

これだけ破綻する人が多くなった原因は、不景気だけが原因ではなく、消費者金融業者の過剰融資が原因だとする専門家がたくさんいます。 消費者金融業者同士の激しい貸し出し戦争があったことは確かで、貸…

法改正による金利の引き下げ

平成18年12月13日に成立し、平成18年12月20日に公布された貸金業法の改正内容は、消費者金融業界に大きな衝撃となりました。 改正内容は、従来の貸金業法の全体に及び、6年振りに貸出金利の…


 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より