物上保証人

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 保証人制度 > 物上保証人

物上保証人

通常の保証人の他に、物上保証人というものがあります。

物上保証人とは、主債務者が金融機関から融資を受けるために、自分の財産をその担保に差し出す人のことを言います

保証人と違って、主債務者が支払いを怠ったとき、金融機関から請求をされることはありませんが、担保として差し出した財産を金融機関に没収されてしまいます

保証人は残っている主債務をすべて返済しなければいけませんが、物上保証人の場合には担保に差し出した財産だけを失うだけで良いということでもあります。

物上保証人には主債務の返済責任がないとも言えますが、差し出す担保を失う可能性があるということですね。

また、物上保証人が差し出した担保を金融機関に売却されたくないときには、代わりに残った主債務を支払うことでそれを防ぐことができます

差し出す財産によっては、保証人と同じような意味になるということです。

それから、物上保証人が通常の保証人を兼ねることもよくあります。主債務の保証を引き受けるとともに、自分の財産も担保に差し出すというものです。

金融機関からすれば、これはかなり回収できる可能性が高くなります。

物上保証人でも時効や求償権については通常の保証人と同じですので、その辺のことはよく理解しておくべきでしょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 保証人による過払い金返還請求
  2. 利息制限法への引き直しを求める
  3. 身元保証は相続されない
  4. 保証人は請求されてもすぐには支払わない
  5. 脅されて保証人になった場合
  6. 保証人をやめたいとき
  7. 主債務者と債権者が任意和解したとき
  8. 親は子供の保証人ではない
  9. 支払いは追認したことになる
  10. 立会人と保証人