信用保証協会

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 保証人制度 > 信用保証協会

信用保証協会

信用保証協会とは、中小企業が銀行などの金融機関から融資を受ける際、その債務を保証することを主たる業務として設立された特別法上の法人になります。

保証人を用意しなくても、この信用保証協会に保証人になってもらえば、銀行から借入をすることができるということです。

信用保証協会は、全国の都道府県単位で47協会あります。また、横浜市、川崎市、名古屋市、岐阜市、大阪市の5協会は市単位になり、合計で52協会になります。

信用保証協会の目的は、銀行から融資を受けにくい中小企業の債務を保証することで、中小企業に対する金融を円滑にすることにあります。

もともと中小企業を支援するための機関になりますので、積極的な姿勢で保証人になってくれるということです。

もちろん、信用保証協会の保証を受けるには審査があり、適切な経営計画などを提示する必要があります。誰でもといったことではありませんので、注意しましょう。

信用保証協会の保証を受けると、中小企業は一定の保証料率に基づいた保証料を支払うことになります。

そして、信用保証協会の保証によって融資を受けた中小企業が支払い不能に陥ると、信用保証協会が銀行に代位弁済をしてくれます。

ただ、その後信用保証協会から請求を受けることになりますので、借金がなくなるわけではありません

要は信用保証協会から借入をするようなものだと考えてください。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 保証人による過払い金返還請求
  2. 利息制限法への引き直しを求める
  3. 身元保証は相続されない
  4. 保証人は請求されてもすぐには支払わない
  5. 脅されて保証人になった場合
  6. 保証人をやめたいとき
  7. 主債務者と債権者が任意和解したとき
  8. 親は子供の保証人ではない
  9. 支払いは追認したことになる
  10. 立会人と保証人