オーバー・ローンの場合には

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 自己破産 > オーバー・ローンの場合には

オーバー・ローンの場合には

担保不動産の評価価値よりもその債務が1.5倍以上ある場合に、オーバー・ローンとなって管財事件ではなく同時廃止で自己破産を手続きできることがあります

ただ、オーバー・ローンで同時廃止にしてもらうには、破産者が事前にそれを証明するための準備をする必要があります。

破産手続きを弁護士や司法書士に委任している場合には、代理人である弁護士や司法書士がそれらの準備をすることになり、債務者本人もそれに協力しなければいけません。

具体的には、不動産の評価額を明らかにする資料を裁判所に提出することです。

そのためには、不動産鑑定士に所有する不動産を鑑定してもらい、鑑定書を発行してもらうか、固定資産税評価証明書や、路線価格に関する書類などの不動産の価値を示す書類を発行してもらわなければいけません。

しかし、不動産鑑定士への依頼となると費用が高額になることが多く、不動産屋の証明書があれば良いとするのが普通です。

不動産屋の証明書とは、所有する不動産の近所にある不動産屋で、実際の取引価格を証明する書類を作成してもらうことです

ただ、1つの不動産屋の取引価格では信憑性が低いこともあり、複数の不動産屋に取引価格を証明する書類を作成してもらうことが必要となっています。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 貸金業者にとっての自己破産
  2. これ以上の迷惑をかけないために自己破産する
  3. 自己破産はモラルの問題ではない
  4. 景気の後退で再び自己破産者が増える
  5. 夜逃げするなら自己破産
  6. 自己破産すると脅す債務者
  7. 苦労してきた人は自己破産できない?
  8. 安易に自己破産する人達
  9. 結婚する前に自己破産しておく
  10. 利息の返済しかできないなら