融資額による過払い金

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 過払い金 > 融資額による過払い金

融資額による過払い金

融資額によって、過払い金が高額になるか少額になるかが決まってきます。融資額が100万円などのように高額な場合には、過払い金も高額になることが多くなりますが、融資額が5万円などのように少額だと、過払い金も少額になります

過払い金が発生するかどうかや、その額が大きくなるかどうかは、基本的には返済年数で決まります。ただし、融資額が少額の人が、数百万円という高額な過払い金を受け取れるかというと、その可能性はほとんどないと思います

過払い金というのは、貸金業者に返済した中で本来払う必要のないお金の合計が、現在の債務額よりも多くなった時に発生するものです。

過払い金が発生した時点で債務額がゼロになるので、その後貸金業者から融資を受けない限り、その後の返済金は全て過払い金として累計されていきます。

そのため、毎月の返済金額が高額になれば、それだけ過払い金が高額になりやすく、逆に毎月の返済額が少額になれば、長期間の返済でもなかなか過払い金が高額にはなりません。

消費者金融業者での融資額10万円の返済額は、毎月3千円から5千円程度だと思います。過払い金が発生してか1年間返済したとしても、5千円なら6万円しかなりません。

これが融資額が高額になり、毎月の返済額が5万円になれば、60万円という高額な過払い金になるのです。

過払い金とは、あくまでも自分が貸金業者に払いすぎたお金になりますので、それほど払いすぎてはいないという人は、当然過払い金も少額になります。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. みなし弁済に関する最高裁判決
  2. これからの借入は過払い金が発生しない
  3. 過払い金の時効に決着
  4. 貸金業者の帳簿保管義務
  5. 数字で見る請求元
  6. 激震、クレディアの破綻
  7. 今後は残高なしの人が主流になる
  8. 7回目の全国一斉提訴
  9. 高止まり傾向
  10. 沖縄の過払い金返還一斉訴訟