年齢などによる制限はある?

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 過払い金 > 年齢などによる制限はある?

年齢などによる制限はある?

過払い金は、何歳から何歳までの人しか受け取ることができないといった、年齢制限は一切ありません。

そのため、20歳の人でも、100歳の人でも、平等に過払い金返還請求をして、お金をもらうことができます。

もちろん、誰でもお金がもらえるというのではなく、貸金業者から借金をして、過払い金が発生していることが前提になります。

過払い金は、年齢制限もなければ、性別による制限や差もありません。病気の人はもらえないとか、背が低い人はもらえないとか、メタボリックシンドロームの人はもらえないとか、そういったことは一切ありません

過払い金は、それが発生しているのであれば、犯罪者で受け取ることができます。無職の人でも、消費者金融業者に勤務している人でも、アルバイトの人でも、誰でも過払い金が発生しているならもらえるのです

ただ、過払い金がもらえると言っても、請求しなければ一生もらえないお金でもあります。貸金業者は過払い金があることを向こうからは教えてくれません。過払い金を受け取るには、自発的に過払い金をもらえるように行動しなければいけません。

まずは、自分に過払い金があるのかどうかを調べる必要がありますが、もし、すでに消費者金融業者からの借金を完済している場合には、ほとんどのケースで過払い金が発生していますので、過払い金返還請求への行動を開始しましょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. みなし弁済に関する最高裁判決
  2. これからの借入は過払い金が発生しない
  3. 過払い金の時効に決着
  4. 貸金業者の帳簿保管義務
  5. 数字で見る請求元
  6. 激震、クレディアの破綻
  7. 今後は残高なしの人が主流になる
  8. 7回目の全国一斉提訴
  9. 高止まり傾向
  10. 沖縄の過払い金返還一斉訴訟