交渉では過払い利息を餌にする

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 過払い金 > 交渉では過払い利息を餌にする

交渉では過払い利息を餌にする

過払い金返還請求の目的は、相手の貸金業者と和解して、過払い金を返してもらうことです。過払い金を返してもらえるというのは、こちらの一方的な主張であって、貸金業者には貸金業者なりの返さなくても良い主張があります。

過払い金の支払いについては、裁判になれば支払うということになりますので、貸金業者としては渋々行なっていますが、本音では支払う必要はないと考えています。

そのため、過払い金返還請求においては、貸金業者との交渉で和解して、過払い金を認めさせることが目的になるのです。

この過払い金返還請求の交渉において、過払い金とそれにつく利息を一切減額しないというのでは、おそらく和解することは難しいと思います。

一般的には、裁判でも和解を前提としています。過払い金返還請求訴訟では、和解判決がほとんどなのです。当然、請求金額全額で和解するということはありません。

では、過払い金返還請求の交渉において、どの部分を減額するかというと、利息部分になります

初めから利息はカットすると伝えてしまえば、貸金業者に足元を見られますのでいけませんが、最終的にはカットしてもОKとしておいたほうが良いと思います。

過払い金の利息はカットするから、すぐに過払い金元本を支払えというのです。それが嫌なら訴訟になり、多額の利息もきっちりと請求すると付け加えておけば、多くのケースではすんなりと和解できるのではないでしょうか。

過払い金には支払日までの利息をつけることが可能ですが、利息を餌にして、早期の決着を目指したほうが、結果として得をすると思います。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. みなし弁済に関する最高裁判決
  2. これからの借入は過払い金が発生しない
  3. 過払い金の時効に決着
  4. 貸金業者の帳簿保管義務
  5. 数字で見る請求元
  6. 激震、クレディアの破綻
  7. 今後は残高なしの人が主流になる
  8. 7回目の全国一斉提訴
  9. 高止まり傾向
  10. 沖縄の過払い金返還一斉訴訟