資料があれば取引履歴の開示不要?

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 過払い金 > 資料があれば取引履歴の開示不要?

資料があれば取引履歴の開示不要?

過払い金返還請求において1番厄介なのは、速やかに貸金業者に全取引履歴を開示させることです。

何だかんだと理由をつけては、取引履歴の開示に応じない貸金業者がまだまだたくさんあります。特に、過払い金が高額になるケースでは、大手の貸金業者と言えども取引履歴の開示には消極的です

もし、手元にこれまでの貸付と返済の全てがわかる資料が揃っているのなら、貸金業者に取引履歴の開示請求をしなくても良いと思います

ただし、ここで言う開示請求をしなくても良いというのは、貸金業者に取引履歴の開示請求をして、相手がすんなりと開示してこなかったときに、開示するまでしつこく請求しなくても良いという意味です。

自分で全ての資料を持っている場合でも、とりあえずは貸金業者に取引履歴の開示請求をするのが基本です。自分では完璧だと思っていても、どこかが紛失していることもあるかもしれないからです。

それに、取引履歴の開示請求をする事自体は、それほどの労力とはならないと思います。

全ての資料が揃っているという場合で、相手の貸金業者が取引履歴の開示請求に応じなかったときには、自分の持っている資料から過払い金を導き出さなくてはいけません。

契約日、融資額、返済日、返済金額など、慣れないことが多いと思いますが、コツさえつかんでしまえば難しいことではありません。

難しくてよくわからないという人は、資料を持って弁護士の無料相談に行くのも1つの手だと思います。そこで過払い金の計算の仕方を伝授してもらいましょう。

もちろん、最初から弁護士に頼むということも可能で、本人が資料を全て持っている場合には、過払い金返還請求の進行がスムーズに進みますので、短期間で和解できる可能性が高くなります。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. みなし弁済に関する最高裁判決
  2. これからの借入は過払い金が発生しない
  3. 過払い金の時効に決着
  4. 貸金業者の帳簿保管義務
  5. 数字で見る請求元
  6. 激震、クレディアの破綻
  7. 今後は残高なしの人が主流になる
  8. 7回目の全国一斉提訴
  9. 高止まり傾向
  10. 沖縄の過払い金返還一斉訴訟