年率7.3%で支払う金利

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 金利の話 > 年率7.3%で支払う金利

年率7.3%で支払う金利

多くの貸金業者は、お客さんへの金利を年率で表示しています。でも、事務処理上はすべて日歩で計算しています。

返済は年単位ではありませんので、1日単位で金利を計算しているのです。

金利の低い貸金業者や、優遇金利などを儲けている貸金業者では、日歩4銭や日歩3銭、日歩2銭といった金利を設定しています。

日歩4銭は年率14.6%、日歩3銭は年率10.95%、日歩2銭は7.3%になります。貸金業者の広告で、この金利を見たことがあるという人も多いと思います。

日歩2銭にあたる年率7.3%という金利は、無担保無保証で借りる最小の金利になるかと思います。

しかも、300万円や500万円というように、ある程度高額の借入に限った金利になると思います。

利息制限法で年率15%までの金利が認められているため、年率7.3%の融資はとても少ないです。年率7.3%で無担保無保証で借入れできれば、かなりお得だと思ってください。

では、実際に年率7.3%の金利だと、どのぐらいの負担になるのかを見ていきましょう。

年率7.3%で10万円借りた場合には、少しも返済しなければ1年後には7300円の金利を支払わなければいけません

借入金額が20万円ならその2倍、30万円なら3倍の金利が発生するということです。50万円の借り入れなら1年後の金利は3万6500円ということですね。

ただ、実際には毎月返済していくことで元金が減っていきますので、支払う金利はこれよりも少なくなります。

仮に300万円を1月1日に借入れて、それを毎月せっせと返済していったとします。

毎月の返済額を10万円とすれば34回払いとなり、最終的に支払う金利の総額は32万1904円になります。月で割ると約9468円です

毎月の返済額を8万円とすれば43回払いとなり、最終的に支払う金利の総額は41万4889円になります。月で割ると約9649円です

毎月の返済額を5万円とすれば75回払いとなり、最終的に支払う金利の総額は74万3184円になります。月で割ると約9909円です

返済回数が多くなればそれなりの金利を支払うことになりますが、借入金額に対して考えてみてください。

将来的には、消費者金融の金利がこのぐらいになれば、非常に利用しやすくなりますよね。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 消費者金融の上限金利が29.2%に戻るかも?
  2. 貸出金利についての利用者の認識
  3. クレジット購入の場合の遅延損害金
  4. 金利によるリスク回避
  5. クレジット契約の金利
  6. 年率36.5%の金利
  7. 年率1万%の金利
  8. 年率5000%の金利
  9. 年率1000%の金利
  10. トイチ金利