30万円借りたときの年率1%の差は

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 金利の話 > 30万円借りたときの年率1%の差は

30万円借りたときの年率1%の差は

年率1%違うと、どのぐらいの金利が変わってくるでしょうか?

30万円を借入れたときには、単純には1年後に3000円変わってくると言えます。しかし、これは1年後に一括で返済する場合の差であって、実際とは異なります

貸金業者からお金を借りれば、毎月1回や35日に1回というように、定期的に返済をしていくことになります。

1年後に一括で返済したいと頼んでみても、それが認められることはありません。

返済するたびに元金が減っていけば、それだけ支払う金利も少なくなっていきます。このことが金利を難しくしている理由だとも言えます。

では、30万円借入れた場合には、年率が1%違うと、最終的に支払う金利がどのように変わってくるのか見ていきましょう。

1月1日に年率10%で30万円を借入れたとします。毎月の返済額を3万円とすれば11回払いとなり、最終的に支払う金利の合計は1万4497円になります。

では、これを年率11%で考えると、返済回数は同じで、最終的に支払う金利の合計は1万6039円になります。

その差は1542ですね。

同じように年率12%で計算すれば、最終的に支払う金利の合計は1万7600円です。年率11%との差は1561円です。

年率20%では3万742円で、年率21%では3万2498円になり、その差は1756円になります。

年率が高くなったり返済回数が多くなったりすると、それだけ年率1%の金額差が大きくなります

ちなみに、1年払いなら1800円程度、2年払いなら4200円程度の金利差になります

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 消費者金融の上限金利が29.2%に戻るかも?
  2. 貸出金利についての利用者の認識
  3. クレジット購入の場合の遅延損害金
  4. 金利によるリスク回避
  5. クレジット契約の金利
  6. 年率36.5%の金利
  7. 年率1万%の金利
  8. 年率5000%の金利
  9. 年率1000%の金利
  10. トイチ金利