任意整理

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 任意整理


任意整理

無理は絶対にするな

任意整理で陥りやすい失敗は、債務者が無理をしてしまうことだと思います。このことは、自力で任意整理をした場合でも、弁護士や司法書士に頼んで任意整理した場合でも同じです。 任意整理では、債務者側…

利息制限法に引き直してから

任意整理で重要なことは、利息制限法の上限金利で引き直した残高で、交渉を進めることだと思います。 弁護士や司法書士が任意整理を行うときには、必ず利息制限法で引き直した残額で和解案を作成します。…

ヤミ金融業者は弁護士に任せる

任意整理は弁護士や司法書士といった専門家に依頼しなくても、基本的には自力で行うことができると思います。 要は、貸金業者に返済ができないから、何とかしてほしいと頼み込むことが任意整理であり、上…

頭金があれば有利

任意整理をするにあたっては、頭金が用意できるようなら、その交渉も優位に進めることができると思います。 弁護士や司法書士に依頼した場合だと、着手金を支払わなければいけませんので、なかなか自力で…

和解締結までは返済しない

任意整理の基本になりますが、和解締結までは相手に返済をしないようにしてください。弁護士や司法書士に依頼すれば、返済期日が過ぎても貸金業者から督促の電話がかかってくることはありません。 弁護士…

支払日を変更する

任意整理では、何も金利を免除してもらったり、借金を減らしてもらったりするだけではありません。任意整理をすると、支払い方法を組み直すことができますので、これまでの支払日を変更することもできるので…

遅延損害金をまけてもらう

任意整理での和解交渉の中で、争点になりやすいのが遅延損害金です。遅延損害金とは、期限の利益を喪失した日から和解が成立した日までにかかる金利のことで、通常の金利よりも高くなるのが普通です。 利…

金利を止めない和解もある

任意整理とは、このままでは返済を続けるのが困難な債務者が、債権者に金利のカットや支払額の減額、支払い方法の組み直しなどを承諾してもらうことです。 簡単に言ってしまえば、債権者である貸金業者に…

毎月の返済額と総支払額

任意整理を行う上で知っておいてほしいのは、毎月の返済額と総支払額の関係です。 任意整理では、弁護士や司法書士、または自分で債権者である貸金業者と和解交渉をすることですが、主な交渉内容は毎月の…

任意整理には応じない貸金業者

任意整理に積極的な姿勢を見せる貸金業者もあれば、任意整理にまったく応じない貸金業者もあります。 ヤミ金融業者は一般的には任意整理には応じませんが、手広く儲けを出しているところでは、弁護士と上…

任意和解に積極的なところもある

貸金業者の中には任意整理にとても積極的なところもあります。顧客が破綻する前に手を打とうというのです。 世間では、自己破産者イコール被害者、貸金業者イコール加害者という構図で見られることが多い…

まずは貸金業者に電話しよう

弁護士や司法書士に依頼せず、自分で任意整理をしようという人は、まずは貸金業者に電話してみましょう。 切り出し方としては、返済について相談したいことがあると告げれば良いと思います。そうすること…

すべての債権者を任意整理する。

任意整理では、対象とする債権者を自分で決めることができます。 取引が長くて借金が大幅に減額できそうなA社やB社は任意整理して、任意整理しても大して減額されない、まだ取引の浅いC社とD社はその…

貸金業者はいくらまでまけてくれる?

債務者側から見た任意整理の実体は、どれだけ債権者にまけてもらうかということだと思います。借りたものは返すのは当たり前ですが、相手が返さなくても良いと言ってくれれば話は別です。 任意整理による…

自己破産をチラつかせる

直接交渉によって貸金業者と和解しようという場合には、自己破産をチラつかせるのも1つの手だと思います。 貸金業者との和解交渉では、いかに相手から譲歩を引き出すかにかかっていると思います。相手に…

貸金業者の言うことは真に受けるな

弁護士や司法書士を頼らずに、自分で任意整理をしようという人は、1つ注意してほしいことがあります。 それは、貸金業者の言うことは真に受けないようにということです。 このことは、任意整理の経験…

和解は必ずではない

任意整理は、債権者である貸金業者と支払額や支払い方法などを交渉して、約定よりも債務者に有利な条件で返済ができるように和解することです。 任意整理の原則は、債権者である貸金業者と債務者である顧…

特定調停よりは条件は悪くなる

任意整理とは、交渉によって債権者に利息のカットや支払い方法の組み直しを承諾してもらうことですが、これは特定調停でも同じです。 特定調停では、裁判所が仲介することになりますが、行う内容は任意整…

初回契約日を聞く

貸金業者との取引が5年や10年にもなれば、1番最初に契約したときの契約書類を紛失してしまう人もいると思います。 厚生省の年金改ざんが発覚し、何十年前の年金を支払ったという領収書が必要になって…

取引履歴を開示してもらう

任意整理をして良い結果で終わるには、債権者である貸金業者に取引履歴の開示をしてもらうことが必須だと思います。 これは、弁護士や司法書士に依頼したときでも同じになり、この取引履歴を貸金業者に開…


 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より