任意整理

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 任意整理


任意整理

信用できそうな貸金業者に相談

弁護士や司法書士に頼まず、任意整理を自分で行うという人は、自分が取引している貸金業者の中で信用のおける担当者がいれば、その人に相談してみると良いと思います。 クレサラ系の弁護士からは、貸金業…

延滞する前に任意整理をする

弁護士費用がもったいないとか、そんなお金を用意することができないという人は、自分で任意整理をする方法もあります。 自分でする任意整理とは、債権者である貸金業者に連絡し、利息制限法の上限金利に…

ゼロ和解するかどうか

弁護士や司法書士に任意整理を依頼せず、自分で債権者である貸金業者に任意和解を持ちかけたとき、相手から債権債務なしという、いわゆるゼロ和解を提案されることがあります。 返済が厳しいから利息をカ…

借りて間もない場合

借入をしてまだ半年にも満たないというときには、弁護士に依頼した場合でも、自分で直接交渉した場合でも、どちらも任意整理が困難になることが予想できます。 任意整理とは、利息のカットや支払い方法の…

10年120回払いもOK?

任意整理での支払い回数の目安は、36回以内とされています。これは、まあ3年以内なら、債務者の生活環境もそれほど変わらないだろうと、推測できるからでしょう。 しかし、借金が大きくなると、たとえ…

支払い回数の目安

任意整理でも、任意整理と同じように債権者と和解する特定調停でも、支払い回数の目安としては3年の36回払いになります。 いろいろな貸金業者がいますので、36回払いが長いと言って和解に応じないと…

毎月の返済原資を決める

任意整理を弁護士や司法書士に頼まず、自分で行うという場合には、自分なりに返済計画を立てることが大切です。 細かな返済計画を立てても債権者がそれに応じなければ意味はありませんが、大雑把な案は考…

直接交渉の手順

人によっては、任意整理を弁護士や司法書士に頼まず、自分で行うほうが良い場合があります。 任意整理とは、債権者と話し合うことで債務の減額や利息の免除、支払い方法の組み直しをすることを指します。…

債権者を選択できる

任意整理の便利なところは、任意整理をする相手を自分で選ぶことができるというところです。 自己破産や個人再生といった債務整理では、すべての債権者を平等に扱わなくてはいけませんので、知人や親族か…

直接交渉か弁護士依頼か

任意整理を自力で行うことは、素人ではまず無理です。正確には、できないこともないが、かなり不利な条件で和解させられてしまうということです。 任意整理は債権者である貸金業者との交渉によって和解す…

借入書類を整理する

任意整理をする前には、自分の借入残高がどれぐらいかということ知っておくのが良いと思います。そのためには、まずは借入や返済に関する書類を整理することから始めましょう。 借入のときに交わした契約…

借入残高を調べる

任意整理をする前に、自分の借入残高を知っておくことが、任意整理を成功させる秘訣だと思います。 消費者金融業者に勤務していた私や専門家である弁護士や司法書士と違い、一般の人には正確な借入残高調…

まずは親族に相談

任意整理は、債権者と話し合って債務額の減額や利息のカットなどを承諾してもらい、債務者が返済できる程度で返済していくというものです。 しかし、任意整理は債権者にとっては必ず応じなければいけない…

任意整理とは

任意整理とは、貸金業者からお金を借りたが、返済の途中で約定の返済ができなくなり、裁判所を介さずに当事者同士で話し合い、今後の返済方法について和解することを言います。 簡単に言えば、借金をまけ…


 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より