任意整理後に返済ができなくなったらどうなるの?

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 任意整理Q&A > 任意整理後に返済ができなくなったらどうなるの?

任意整理後に返済ができなくなったらどうなるの?

任意整理は原則3年をかけて債務を計画的に返済していきます。

しかし和解が成立したあとに、収入が減る、出費が増えるなど

様々な事情で返済が難しくなった場合には

司法書士に相談をしてみましょう。

ギャンブルや買い物などの遊行費で新たに借金が増えてしまった、

というのはもちろん論外な話ですが

やむをえない事情で返済が苦しくなった場合には

再び返済計画を練り直したり

支払いを猶予してもらえるよう交渉を行ってもらえます。

もしも返済ができなくなったときは

苦しくなった段階ですぐに相談することが大切です。

返済が苦しいからと、問題を放置することのないようにしましょう。

また、返済のために新たにほかから借り入れ

再度多重債務に陥らないようにして下さい。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 任意整理中に新たに借金することはできる?
  2. 任意整理をすると、別のローンで一括返済を迫られるって本当?
  3. 任意整理中でも生活保護を受けられる?
  4. 任意整理をしたら配偶者名義のクレジットカードはどうなる?
  5. 任意整理を理由に解雇されることってあるの?
  6. 任意整理中でも他人にお金を貸せる?
  7. 任意整理中に結婚すると配偶者に迷惑がかかるの?
  8. 任意整理中に失業したらどうなっちゃうの?
  9. 任意整理をしたら銀行の口座が使えなくなるって本当?
  10. 任意整理をするとお給料が差し押さえられちゃうって本当?