アイフル正社員半分削減、有人店舗は3分の1に

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 関連ニュース紹介 > アイフル正社員半分削減、有人店舗は3分の1に

アイフル正社員半分削減、有人店舗は3分の1に

消費者金融大手のアイフルが2009年9月24日、私的整理の1つである事業再生ADRを正式に申請して受理されたとの報道がありました。

アイフルはこの発表と同時に、大規模なリストラを実行する計画を発表しました。

それによると、子会社も含めた4100人の正社員のうち、その半分である約2000人を削減するとのことです

さらに、アイフルの有人店舗を現在の96店から30店程度に減らすとのことです。巨大消費者金融がいっきに半分以下の規模に縮小することになります。正社員の半分のリストラというのは、あまり聞いたことがありませんよね。驚きです。

人員削減については、全社員を対象に希望退職を募集するとのことですが、果たしてどれだけの人がそれに応じるかは疑問ですね。

消費者金融の社員は専門的な職業であり、他業種に移ることが難しいです。そうかと言って同業他社もどんどん潰れていますので、同じ職業に就くことも困難です。

賢い人なら解雇されるまで給料をもらう道を選ぶのではないでしょうか。会社は大赤字でも社員の給料はそれなりに良いですしね。

また、アイフルはリストラにかかる特別退職金や店舗閉店費用を新たに計上し、過払い利息の返還に備えて引当金を積み増します

結果、2010年3月期の連結最終損益は当初予想の81億円の黒字から3110億円の大幅な赤字に転落するとのことです。

今年度分の過払い金の返還は大丈夫そうですが、来年度からはいよいよ危ないですね。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 近畿の貸金業者がバブル期の10分の1に減少
  2. 大阪府が貸金業者実態調査実施へ乗り出した
  3. 過払い金返還請求、9回目の一斉訴訟はじまる
  4. 改正貸金業法、金融庁が規制緩和検討か
  5. 消費者金融業者大手の最近の動向
  6. 武富士、投資家に債務減額求める
  7. 借金苦で無理心中した女性の裁判員裁判の結果・・・
  8. 米のカード支払い延滞率が過去最高水準
  9. アイフル、私的整理も最終的には法的整理か
  10. アイフルが事業再生ADR手続きを申請