米のカード支払い延滞率が過去最高水準

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 関連ニュース紹介 > 米のカード支払い延滞率が過去最高水準

米のカード支払い延滞率が過去最高水準

米国の第2・四半期のクレジットカード支払い延滞率が過去最高になったと報道されました

米国は日本以上にカード社会が進んでいますが、日本も確実に米国が辿った道を進んでいるだけに、決して無視できないニュースです。

クレジットカード支払い延滞率について発表したのは、米銀行協会(ABA)になります。米銀行協会によると、消費者ローンの30日以上の支払い延滞率が、第1・四半期の3.23%から第2・四半期には3.35%に上昇したとのことです。

クレジットカード支払い延滞率が3.35%というのは、米銀行協会が1974年に調査を開始して以来最高水準になるそうです

背景にはもちろん世界同時不況による雇用情勢の悪化があります。米国の失業率はかなり上昇していますので、失業によって支払いができなくなった人も多そうですね。

米銀行協会も「支払遅延は、高水準の失業率や雇用市場の凍結による残念な副作用だ。労働市場が改善し景気回復の勢いが増さない限り、この状況は変わらない」とコメントしています。

日本でのクレジットカード支払い延滞率についての発表はありませんが、もしあれば最悪の水準になっていることが予想できます。

米国も日本も状況は同じようなもので、見方によれば日本のほうが悪いとも言えます。しばらくは延滞率の大幅な改善を見込めません。

クレジットカードの利用者も耐えるときですが、クレジットカード発行会社も耐えるときなのでしょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 近畿の貸金業者がバブル期の10分の1に減少
  2. 大阪府が貸金業者実態調査実施へ乗り出した
  3. 過払い金返還請求、9回目の一斉訴訟はじまる
  4. 改正貸金業法、金融庁が規制緩和検討か
  5. 消費者金融業者大手の最近の動向
  6. 武富士、投資家に債務減額求める
  7. 借金苦で無理心中した女性の裁判員裁判の結果・・・
  8. アイフル、私的整理も最終的には法的整理か
  9. アイフル正社員半分削減、有人店舗は3分の1に
  10. アイフルが事業再生ADR手続きを申請