武富士、投資家に債務減額求める

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 関連ニュース紹介 > 武富士、投資家に債務減額求める

武富士、投資家に債務減額求める

2009年11月、消費者金融大手の武富士は転換社債の発行で昨年調達した資金の一部について、事実上、返済の減額や猶予に繋がる条件変更を投資家に求めることを決定しました

独立系の消費者金融大手と言えば武富士とアイフルですが、すでにアイフルは私的整理に入っており、武富士の動向も注目されていましたが、何とか私的整理は避けられそうです。

武富士は破綻する前に投資家に窮状を訴えることで生き残りを図ろうとしています。過払い利息の返還や金融危機による資金繰りの悪化で、武富士は破綻寸前なのです。

投資家らは武富士の経営悪化に伴う損失を最小限に抑えるため、今回の武富士の提案に応じる可能性が高く、とりあえずは破綻を回避できると見られています。

ただ、武富士の同年9月末の連結有利子負債残高は2983億円と危機的状況にあり、再建の目途も立たないことからいつ破綻してもおかしくない状況です

大手ですらこのような状態なので、中小の消費者金融業者はどこも破綻状態でしょう。

業界にもっともダメージを与えそうな貸付の総量規制はまだ始まっていません。今からこの状態では、この業界は長くないですよね。

今後は消費者金融というのがなくなり、代わって銀行が個人への貸付を拡大させていくのでしょう

そう考えると、銀行系を利用していたほうが何かと有利です。融資を受けられるかどうかは返済実績がものを言いますので、今後も便利なキャッシングを利用したいなら、銀行系の消費者金融と取引するのが良いでしょう。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 近畿の貸金業者がバブル期の10分の1に減少
  2. 大阪府が貸金業者実態調査実施へ乗り出した
  3. 過払い金返還請求、9回目の一斉訴訟はじまる
  4. 改正貸金業法、金融庁が規制緩和検討か
  5. 消費者金融業者大手の最近の動向
  6. 借金苦で無理心中した女性の裁判員裁判の結果・・・
  7. 米のカード支払い延滞率が過去最高水準
  8. アイフル、私的整理も最終的には法的整理か
  9. アイフル正社員半分削減、有人店舗は3分の1に
  10. アイフルが事業再生ADR手続きを申請