消費者金融業者大手の最近の動向

元消費者金融マンが語る【借金返済のいろは】TOP > 関連ニュース紹介 > 消費者金融業者大手の最近の動向

消費者金融業者大手の最近の動向

消費者金融大手4社のうち、プロミス、アコム、武富士の2009年中間連結決算はいずれも大幅な減収となりました。売上にあたる営業収益では12.9%から35.6%の減収となっており、プロミスとアコムについては最終利益も減益となっています。

また、武富士は最終利益を増益としましたが、それは前期中に巨額の過払い利息の返還に備えた引当金を積み増したことに対する反動のためです。武富士も実質的には減益と言えるでしょう。

大手4社の残りの1社になるアイフルは私的整理を進めていて、通期で3110億円の最終赤字を見込んでいます

武富士は投資家に債務の減額を求め、銀行の後ろ盾を持つアコムとプロミスは大規模なリストラを進めています

ちなみに、アコムは社員の約2割にあたる550人の希望退職を募集し、2011年度までに全国の有人店舗を現在の118店から45店に削減するとしています。

ただ、銀行の後ろ盾を持つアコムやプロミスでさえ、今後の存続が危ぶまれています。リストラによってスリム化しても、過払い利息の返還は変わらないからです。

過払い利息の返還に備えるためには利益を余分に出していかなくてはいけないのですが、規制によってそれができません。

過払い利息返還請求が終息しない限りは、消費者金融業者大手は生き残れないでしょう。

消費者金融では2010年6月に完全施行される総量規制を見越し、すでに貸付を徐々に絞っていますが、今後ますます市場規模が縮小する可能性が高いと言えます。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

それでは本題に入ります。

 

これから私があなたにお話しすることは、アドバイスではありません。お願いでもありません。強制・命令です。覚悟のある方だけこのまま読み進めて下さい。

 

↓↓↓

 


画像:NHK総合「追跡!AtoZ」より

 

 

 

関連記事

  1. 近畿の貸金業者がバブル期の10分の1に減少
  2. 大阪府が貸金業者実態調査実施へ乗り出した
  3. 過払い金返還請求、9回目の一斉訴訟はじまる
  4. 改正貸金業法、金融庁が規制緩和検討か
  5. 武富士、投資家に債務減額求める
  6. 借金苦で無理心中した女性の裁判員裁判の結果・・・
  7. 米のカード支払い延滞率が過去最高水準
  8. アイフル、私的整理も最終的には法的整理か
  9. アイフル正社員半分削減、有人店舗は3分の1に
  10. アイフルが事業再生ADR手続きを申請